楽天のスマホで半額 通話料金を大手より大幅に安くする方法

楽天のスマホで半額 通話料金を大手より大幅に安くする方法


■ 通話かけ放題はもったいないが、通話が必要な人に朗報

大手の携帯電話は通話料に毎月2,700円もかかって高い、格安スマホにすると通話料は使った分だけ別途費用を払うから心配…

そんな不満を持っていませんか?

大手の携帯電話では、基本的にかけ放題に加入することになります。かけ放題とは、国内の固定電話と携帯電話への通話が月額2,700円で定額になるサービスのことです。

従来なら、同じ会社同士の通話だけが無料でしたが、今やどこにかけても定額なのです。

これをすごいと思うかもしれませんが、月額2,700円は決して安くありません。それに対し、5分以内の通話ならかけ放題になる月額1,700円の定額プランも用意されています。

割と短めの連絡用の電話が主体であれば、この5分までかけ放題のプランでも十分でしょう。

でも、かけ放題のプランは最低でも1,700円ですから、安くはないですよね?これに対し、楽天モバイルは半額の850円で5分以内の通話が無料になる定額制プランを用意しているのです。


■ LINE電話など無料通話と何が違うか?

通話ならLINEで無料でしょ?

と思う人もいるかもしれません。月額2,700円や1,700円、そしてこの楽天モバイル850円は何に対する料金でしょうか?

それは、音声通話回線に対するお金です。これじゃわからないですね。

LINE電話やスカイプなど、アプリを使った電話で無料通話するには、双方が同じアプリを使うことが必要です。

そして、その通話はデータ回線を使っているので、見かけ上の通話は無料ですが、実際にはパケット(データ通信)が発生していて、その分データ通信量を使ってお金はかかっているのです。

また、データ通信回線を使う関係で、LINE電話(無料)などからは、110/119などの緊急通報ができません。加えて、090/080/070で始まる電話番号は持てません。

これに対して、音声通話回線は110/119への通話もできますし、通話音質が安定していることが魅力です。当たり前ですが、090/080/070といった電話番号を持つことができます。

こういった違いがあるのです。


■ 楽天でんわを使うと通話料金は半額

さらに、楽天モバイルの場合楽天でんわというアプリを使うことで、通話料金を通常30秒20円のところを半額の30秒10円にすることができます。

この楽天でんわを使うことで、5分を越える通話になった場合でも30秒10円の半額料金で済ますことができます。

この楽天でんわからは、スマホのアドレス帳を参照できますので、通常の電話と同じように使うことができます。

ちなみに電話がかかってくるときは、この電話を使用しません。スマホが追っている電話アプリによって通話します。かけるときだけ、楽天でんわのアプリを使うのです。

なぜかというと、この電話料金を安くするとき、相手の電話番号の前に特別な番号を打つのです。そうすると、楽天でんわを経由して通話することになり、そのとき安くなります。

楽天でんわアプリはその特別な番号を自動で打ってくれるというわけです。

楽天モバイルではこのように、5分以内の通話が月額850円の定額でできるようになり、5分を超えても半額で話せるのです。