Wi-Fiが届かない対策、中継器で距離を伸ばす方法が確実

Wi-Fiが届かない対策、中継器で距離を伸ばす方法が確実


■自宅の2階やマンションの部屋に電波が届かない??

自宅にWi-Fiを設置して、スマホを使うときは
Wi-Fiに接続するようにすると、データ通信量が節約できて、
スマホの料金を下げることができます。

詳しくは下記の記事で説明しています。

そのWi-Fiを設置したものの、スマホやタブレットを使いたい
肝心の場所まで、Wi-Fiの電波が届かないことがあります。

1階にネットを引いたけど、2階や3階でも使いたいという場合もあれば、
マンションの間取りの都合上、奥まったところに電波が届きにくい
という場合もあります。

スマホであれば、最悪携帯電話会社の電波を使ったインターネットはできますが、
タブレットのWi-Fi専用機であれば、Wi-Fiの電波が届かなければどうしようも
ありません。

こんな悩ましい状態をどう解決したら良いでしょうか?


■Wi-Fiはの電波は2種類あるので、障害物に強い5GHzの方を使う

Wi-Fiには2種類の電波があります。
2.4GHzと5GHzです。5GHzの方は建物の中でも障害物に強く
遠くまで届くと言われています。

まずできることは、5GHzの電波を使うことです。
もし、自宅に持っているWi-Fiルーターが5GHzに対応しているのであれば、
5GHzのSSIDの方を使うことが良いでしょう。

自宅の中でWi-Fiの2つのSSIDが見えるなら、電波の強い方を使えば良いでしょう。

ただ、スマホやパソコンなど、Wi-Fiへの2回目以降は自動的に接続し、
2つあるうちのどちらに接続するかは自動で決まるため、
必ずしも5GHzの方に接続するかはわかりません。

これには対処方法があります。スマホでもパソコンでも、接続するSSIDの順番を
決めることができますので、どれを優先して接続するかを設定しておいた方が
良いでしょう。


■Wi-Fiルーターを強力なタイプに変える

上の方法で電波が遠くまで届くのであれば良いですが、
そんなに簡単には解決しないことの方が多いかもしれません。

そのときは2つの対応が考えられます。
ひとつは、元のWi-Fiルーターを電波の強いタイプにすることで、
もう一つは中継器を設置して、遠くまで飛ばすことです。

新しく強力なタイプのWi-Fiルーターを購入すれば、より高速な
Wi-Fi方式に対応していることがほとんどです。

自宅に入っているインターネット回線が高速なら、
Wi-Fiルーターを高速にすることで。
Wi-Fi経由のインターネットも高速になる可能性があります。

ただし、新しくかつ電波が強力なタイプは、値段が安くありません。
1万円程度は必要でしょうし、それより高いものも多くあります。

それと、協力だから確実に使いたいところまで電波が届くか
確信が持てないことも必ずしも解決策としておすすめできる
分けではありません。


■安く済ますにはWi-Fiの中継器を使う

そこで、安く遠くまで飛ばす場合は、Wi-Fiの中継器を使います。
中継器は、今あるWi-Fiルーターの電波を拾って、そこから発信して
くれるのです。

Wi-Fiルーターと使いたい場所の間に設置すれば、Wi-Fiの電波が
より遠くまで飛ばせるというわけです。

最新の高速な電波に対応した中継器は5,000円から6,000円します。
遠くまで電波が飛ぶような強力タイプのWi-Fiルーターより安いとはいえ、
決して安くないです。

ただ、それでも中継したときの効果は抜群です。
電波が届かず困っているところがあれば、試してみる価値は
あります。