スマホで格安の通話料にする ドコモの半分にする契約方法

150914


■格安スマホの安さの理由は、通信量を安くし、通話し放題がない点

格安スマホの料金が安い理由をご存じでしょうか?
大手のスマホに比べて、格安スマホが安い理由は次の2つです。

 ○データ通信量の上限設定が細かく、しかも価格が安い
 ○通話料金は基本料金のみで、話した分だけ料金がかかる

という2つの料金体系を取り入れているからです。
大手ですと、データ通信量は2GBでも3,500円ほどしますが、
格安スマホでは3GBでも900円と行った料金設定です。

そして、通話についてはどうかというと、大手は通話し放題で
月額2,700円ほどですが、格安スマホでは700円から800円ほどの
基本料金を払い、通話した分だけ30秒20円の料金を払います。

格安スマホの安い料金は、逆に通話しすぎると、それに応じて月の
支払いも多くなるということです。

人によっては、大手の通話し放題の料金を超える場合もありますから、
通話の多い人は注意が必要です。


■大手の通話し放題の料金があれば、格安スマホで1時間半話せる

このように格安スマホは、通話が多い人には選択は悩ましいところです。
たとえば、大手の通話し放題は2,700円ですが、格安スマホで
この通話料金を超えるのは、

格安の基本料金800円を差し引いた1,900円で通話できる時間になりますので、
30秒で20円、1分で40円ですから、

 1,900円÷40円=約47分

位の計算になります。
実際は、ピッタリ30秒ずつ話しませんので、通話できる時間はこれより
短いでしょう。

ただ、通話料金を半額にするアプリがありますので、それを使うと
通話できる時間は2倍になりますので、約1時間半となります。
考えようによってはこれでも安心と言えるかもしれません。


■格安でも通話し放題に近いサービスが出てきた

通話料金に対して、すべて別途料金が発生する従量制は心配と
嘆く人もいるかもしれません。

データ通信量も格安スマホでは大手に比べ大幅に安いですから、
トータルで考えても、通話料がそこそこなら大手の料金より安く済むはずです。
それでも通話が多い人は心配になるかもしれません。

そういう人にためにおすすめしたいのは、
格安スマホでありながら、通話料金も組み込んだパックです。

5分までの通話が月30回まで無料
10分までの通話が月30回まで無料
といった、通話サービスが付いています。

1回5分や10分というのは短く感じるかもしれません。
1回の電話が長い人には向かないでしょう。
短い要件を話すだけ、といった人には有効ではないでしょうか。

こちらは、7GBのデータ通信量が付いて、

となっています。


■おすすめしたい人は、ドコモのユーザーで話し放題は便利だけど料金が高さが不満な人

このサービスの利用価値亜ある人は、ある程度通話があるけれど、
大手の話し放題を含めた料金に不満がある人になると思います。

用途によって、1回5分、もしくは10分という電話が十分とは言えないかもしれませんが、
通話料金を含めたドコモユーザーのスマホ料金を安くする手段としては有効でしょう。