スマホを高音質スピーカーで鳴らす ケーブル接続が安価な方法

スマホで音楽を聴く人は多いと思います。
最近では、音質をウリにするスマホもあるくらいですが、
それでもスマホ単体の音は十分いいとは言えません。

スマホにヘッドフォンを付けて聴く場合は
まだ良いのですが、スマホのスピーカーから音を流すと
やはりチープな音になってしまいます。

これはスマホが小さいため、音のいい大きなスピーカーを
搭載できないためやむを得ないことだと思います。

実際、スマホよりもサイズの大きいタブレットの方が
音がいいので、スマホのサイズがスピーカーの音質に
影響していることは明らかなのです。

私はときどき、ヘッドフォンではなくスマホの
スピーカーから音を鳴らして聴くこともあるのですが、
10分から30分ほど聴くと耳に痛い感じになります。

もちろん、個人差はあると思いますし、
値段も違うオーディオと一緒に論じることは
できませんが、

やはりスマホの音を長時間BGMとして流し続けても
快適に聴くことは難しいと思ってます。

そのスマホの音でも外付けのスピーカーを通せば
格段に音質は上がるのです。

では、スマホの音楽をスピーカーを通して聴くには
どうしたら良いでしょうか?

それには、3つの方法があります。

  1. ケーブルでつなぐ
    最も安価に実現する方法です。
    欠点はスマホをオーディオのそばに
    置かないといけないことで、

    自由度が高くありませんが、
    iPhoneもAndroidも分け隔てなく使えます。

  2. Bluetooth(ブルートゥース)スピーカーをつなぐ
    スマホとスピーカーをワイヤレスでつなぎますので、
    ブルートゥースが接続できる範囲なら、
    スマホを自由に持ち歩けます。

    新規にスピーカーを買う必要がありますが、
    ワイアレスで音を飛ばせるのが最大のメリットです。
    iPhoneもAndroidも分け隔てなく使えます。

  3. Wi-Fiでスピーカーに出力する
    Wi-Fiなのでかなり離れてもスマホと接続できます。
    パソコンを接続させることもできます。

    iPhoneではアップル製品が一番安心です。
    アンドロイドにはAndroid用の製品があります。

3つの方法それぞれにメリットとデメリットがあります。
概略は上に書いたとおりですが、それを解説していきましょう。

ケーブルでつなぐ

スマホの音楽を最も簡単に聞く方法は、
スマホのヘッドフォンジャックと
オーディオの外部入力(AUX)端子を結ぶことです。

これにより、スマホの音楽はケーブルを通して、
オーディオの外部入力に入力されます。

そして、オーディオの入力を外部入力に切り替えれば、
スマホの音はオーディオから流れます。

ただし、これができるためには、オーディオに
外部入力が必要です。

低価格のラジカセでない限り、多くのオーディオには
外部入力を備えています。

注意が必要なのは、外部入力の端子の種類には
複数あることです。

スマホのヘッドフォン端子に入るような
小さなピンジャックを入力にするものもあれば、

専用オーディオのように、赤と白の2色のケーブルに
分かれているものもあります。

それによりどの種類を選ぶかを適切に買わないと
いけません。

では、この方法の利点と欠点を説明します。

【利点】
ケーブルのみなので安上がりにできます。

ミニピンジャックのケーブルであれば、
100円ショップで買える場合もあります。

【欠点】
スマホとオーディオをケーブルでつなぐため、
スマホをオーディオとケーブルの長さ以内に
おかないといけません。

やってみると、意外に面倒です。
違う曲に変えたいとき、わざわざスマホのところまで
歩いて行かないといけませんからね。

リモコンで操作できるのが当たり前ですから、
ちょっと不便を感じます。

Bluetooth(ブルートゥース)スピーカーをつなぐ

次に紹介するのは、スマホとオーディオを
無線でつなぐ方法です。

最近多く使われているのはブルートゥースを使った
短距離無線接続の方式です。

スマホではブルートゥースが搭載されていますので、
使えない機種はほぼないでしょう。

オーディオ側がブルートゥースに対応している
必要がありますが、最近では、ブルートゥースを内蔵し
持ち運びが可能なスピーカーが増えてきています。

いつでも移動させて、場所を選ばずに使えるのが便利です。

中には、バッテリーを内蔵したものもあり、
外に持ち出して使うこともできます。

お手軽なものでは数千円からありますが、
高音質を捜すなら、BOSE(ボーズ)を
選ぶのも良いでしょう。

BOSE(ボーズ)サウンドの特徴は、コンパクトなのにその大きさからは想像できない臨場感のある音が出てくるところです。
内蔵のバッテリーで約10時間の連続再生ができます。
アマゾンで見る

私は長年BOSEのファンですが、
私が昔買ったスピーカーは、30年以上経っても
まだまだ現役で使えているほど丈夫です。

スピーカーはサイズによって奏でる音も変わりますが、
コンパクトだけれどサイズ以上の
音を奏でてくれるのがBOSEのいいところです。

しかも何十年経っても使える
品質に私はとても安心感を持っています。

もし、ブルートゥースの受信機能を持たない
スピーカーを使って無線通信で音楽を鳴らしたい場合、

ブルートゥースレシーバーを付けることでブルートゥース
スピーカーのように使うことができます。

【利点】
無線で音を飛ばせるので、スマホを常に手元に置いておける。

【欠点】
ブルートゥースに対応したオーディオを利用しないといけない。

コンパクトでどこにでも持ち運べ、それでいてスマホとは思えないほどの音を奏でる「波動スピーカー」です。
リッツカールトン・東京がスイートルームに選んだほど自然な音です。
ちょっとお高いスピーカーですが、大きさからは想像できないような自然な音です。
興味があれば、吉祥寺にある視聴ルームに行って聴かれてはいかがでしょうか。
かなりの驚きがあります。
購入すると、ブルートゥースレシーバーがプレゼントされます。

Wi-Fiで飛ばす

Wi-Fiで音を飛ばす方法もあります。

iPhone編

まずは、iPhoneやiPadを持っている人に
おすすめの方法を紹介します。

アップルが1万円ほどでオーディオ出力機能を
持ったWi-Fiルーターを発売しているからです。
これがAirMac Expressという製品です。

この製品を使うと、iPhoneやiPad、Macの音を
オーディオに高音質で出力できるようになります。

このAirMacExpressにはオーディオ出力用の
端子を備えており、iPhoneやMacから飛ばした音を
オーディをに出力できます。

特にいいのは、iPhoneやiPadから飛ばした音を
本体で聴くか、AirMac Expressにつないだ
オーディオで聴くかを

iPhoneやiPadからカンタンに選べることです。

ブルートゥースに比べてWi-Fiは遠くまで飛ばせるので、
利用範囲が広いです。

また、AirMac Expressは、DACというデジタル信号を
オーディオ用のアナログ信号に変換する機能を
持っています。

iPhoneやiPadからデジタル信号でオーディオを受け取り、
それからオーディオに出力します。

そのため、iPhoneやiPadのヘッドホン端子で
つないで流す音楽よりも高音質になります。

さらに、AirMac Expressがオーディオのデジタル端子に
つながっているときは、デジタルデータをそのまま
オーディオに渡しますので、

オーディオ側でデジタル音楽を変換してスピーカーに
出すために、オーディオの機能による高音質な
音楽になるのです。

AirMac Expressは本当によく考えられた
Wi-Fiルーター兼音楽変換器なのです。

【利点】
iPhoneやiPad・Macの音楽をカンタンに飛ばせます。
Wi-Fiなのでオーディオ機器が遠く離れていても使えます。

【欠点】
対応しているWi-Fiルーターがアップル製の他に少ない。
スマホの接続先を切り替えることになるため、
ネット接続できるように設定しないといけない。

そうしないと、iPhoneやiPadがネットに
接続できなくなるからです。

実際に設置する際は、AirMac Expressを
オーディオケーブルで接続できるほどの
距離に設置する必要があります。

併せて、このWi-Fiがインターネットに接続するためには、
インターネットを引いたルーターと有線でつなぐか、
無線LANの子機として動作させる必要があります。

AirMac ExpressはiPhoneやiPad、Macの音楽を簡単にオーディオに飛ばせます。
iPhoneやiPadでは、iTunesの音楽だけでなく、あらゆる音を飛ばせます。ラジオやYouTube、映画の音もすべてオーディオで聴けます。
アマゾンで見る

Android編

Androidのスマホ、もしくはiPhoneとAndroidの
両方を持っている場合は、グーグルが提供している
クロームキャストオーディオが良いです。

これはアップルが提供しているAirMac Expressの
ように、スマホとの親和性が高い造りになっています。

スマホから出力先を切り替えることができますし、
複数台のクロームキャストオーディオを持っていれば、
それぞれを選んで音を出力できます。

ですので、複数のスピーカーに対して
同時に同じ音楽を流すこともできます。

反面、クロームキャスト対応のアプリからしか
音楽を鳴らせないので、聴きたい音楽アプリが
対応しているか確認しましょう。

クロームキャストオーディオ

【利点】
Androidだけでなく、iPhoneやiPad・Macの
音楽をカンタンに飛ばせます。
Wi-Fiなのでオーディオ機器が遠く離れていても使えます。

複数台のクロームキャストに対して、
同時に出力できるので、複数のスピーカーで
同じ音楽を鳴らすことができる。

【欠点】
クロームキャストオーディオに対応した
アプリからしか音楽を再生できない。

対象のアプリはこちらから確認することができます。

クロームキャストオーディオ対応アプリ


Wi-Fiだから設置が自由かと思いきや、
意外と設置場所は制約を受けて
しまいますので、設置の際は少し注意が必要です。

でも、Wi-Fiで接続できるとほんとうにお手軽で便利なのです。

このように、スマホにスピーカーをつなぐ方法によって、
それぞれメリットとデメリットがあります。

それぞれの特長を理解して、自分の使い方にとって
どれが一番便利かを考えて選びましょう。

音楽を聴く環境を整えたら、どんなサービスを使って
音楽を聴くかも大事ですね。

音楽聴き放題のサービスの中から、おすすめの2つを
ご紹介しましょう。

スマホにスピーカーを接続する おすすめの音楽サービス2つ
音楽を聴くとき、従来のようにオーディオ機器で 音楽を再生するというより スマホから音楽を再生し、その音をオーディオで 再生する聴き方が主流になって...