タブレットとパソコンの違いは手軽さ 寝たまま使えるのがウリ

■タブレットのいいところ②:パソコンより手軽に使える

タブレットの良さは一体なんでしょうか?
タブレットはインターネットに接続して、LINEやフェイスブックで
メッセージをやりとりしたり、Webの検索する使い方が多いでしょう。

他にも動画を観たり、買い物をしたり、レストランを捜したり、
いろいろなことができます。
でも、これらはパソコンでもできますよね?

パソコンを持っているのに、タブレットを買うとしたら、
その目的は何でしょうか?

タブレットの最大のメリットは、「手軽さ」にあると思います。
人それぞれ使い方は違うかもしれませんが、
タブレットを持ったときの一番いいところは、

たとえば、テレビで紹介していた洋服が気になって
ちょっと調べたくなったとき、タブレットならサッと取り出して
すぐに調べられます。

わざわざパソコンが置いてあるところに行って、
パソコンを起動して使う必要がないのです。
もし、リビングにタブレットが置いてあるのなら、

テレビを観ながらだってタブレットで調べものができます。
ソファに寝たままだって使えるのです。
そんな手軽さがタブレットにはあります。

■タブレットのいいところ②:パソコンより便利に使える

タブレットはスマホのように、専用のアプリをダウンロードして
使います。アプリはスマホやタブレットの画面で使いやすいように
作られていますので、パソコンよりも便利に使えます。

たとえば、ホットペッパーでお店を探すとき、パソコンでも
タブレットでもお店を探すことはできます。
パソコンでは、Internet Explorerを起動して、

ホットペッパーのURLを打つか、ホットペッパーを検索して
ウエブページを開きます。

ですが、タブレットの場合は、ホットペッパーのアプリに
タッチするだけで、ワンタッチで呼び出せます。
しかも、画面表示がタブレットで見やすいようにレイアウトされていて、

お店の写真や料理の写真を見るのにとてもわかりやすいのです。
タブレットの地図アプリと連動していて、現在地からお店までの
道案内ができたりと、タブレットならではの使い方ができます。

このようなお店の特典であるクーポンもタブレットの画面に
表示され、それを見せることで印刷して持っていくことなく
クーポンが使えるのです。

こういった、タブレットの画面やタブレットの機能と連携しているおかげで、
パソコンで使うよりもタブレットの方が便利に使えるのです。

■タブレットがパソコンに勝てないところ:パソコンの高性能なアプリがには勝てない

タブレットにはたくさんのアプリが動作します。
パソコンでできていたことの多くはタブレットでもできるように
なっています。

それでも、まだパソコンにしかできないことはあります。
グラフィックを描いたり、プログラミングをしたり、
高度な計算をさせたりといったことです。

こういう一部の機能はこれまでと変わらずパソコンでしかできません。
そういう点を除けば、パソコンの機能の多くはタブレットで
置き換えられてきていると言えます。