タブレットの種類は4つ、スマホと同じタイプを選ぶ1番の理由


■タブレットはiPad、Android、キンドル、Windowsの4つ

タブレットを大別すると、今は4種類あります。
「えっ?4種類くらいじゃないでしょ?」
と思われるかもしれません。

似て非なるタブレットはたくさんありますが、大きく分けたら4種類です。
でもこの4種類ですら、機能の違いを把握して、どれを選んだら良いかは
悩ましいことになります。

この4種類のうちどれにするかを決めても、まださらに
この先に機種選びという難しい作業になります。

ところが、家電量販店に行ったり、ネットで調べてみると、
機種がたくさん並んでいる状況ですので、どれを選んだら良いか、
とても難しいのが現状です。

4種類は、どれを選んでもできることに違いがなければ良いですが、
それぞれ使い勝手や使えるアプリ(追加機能)に違いがありますので、
結果的にできることは違ってきます。

その4種類とは次の4種類です。

 アップルのiPad
 各社から発売されているAndroidタブレット
 アマゾンのキンドルファイア
 各社から発売されているWindowsタブレット

 
どれを選ぶと良いでしょうか?


■まずはスマホと同じ種類を選ぶ

無難に選ぶのであれば、iPadかAndroidタブレットになります。
何といっても、アプリの数が圧倒的です。
特にiPadは一番先行しているだけに、数ではまだ優位です。

実質的に有効なアプリの数は、iPadとAndroidはほぼ同じレベルに
来たと思います。著名なものであれば、iPadでもAndroidでも
使えます。

このとき、iPadにするかAndroidにするかは、スマホと同じタイプに
するのが良いです。なぜかというと、スマホで使っているアプリが
そのまま利用できるからです。

また、操作性にもほとんど違いがないので、混乱することも
少ないでしょう。

この2つの観点で、キンドルファイアとWindowsタブレットは
候補から落ちてしまいます。
では、この2種類を選ぶと良いのはどういう場合でしょうか?


■キンドルファイアーとWindowsタブレットを選ぶ条件

キンドルファイアーは、スマホなども持っていない人に、
電機書籍を読んだり動画を観ることを目的に、十分安く高性能な
タブレットが欲しい場合に有効です。

キンドルファイアはHDとHDXの2種類ですが、メモリが2GBで
動作が軽いHDXがおすすめです。

最後にWindowsタブレットですが、こちらを選ぶ人は
やはりWindows端末として利用したいことが主になるでしょう。

Windowsタブレットで動作するアプリの数は、iPadやAndroidより
圧倒的に少ないです。ここで言うアプリとは、タッチパネルでの
操作に特化した専用のアプリのことです。

その代わりWindows用のアプリケーションはすべて動作します。
Windowsとしても使いたい人はこちらを選ぶことになるでしょう。

ただし、Windowsの操作とタブレットの操作はずいぶん違いますので、
両方使えてもどれだけメリットがあるか、それに他のタブレットより
高額になりますので、その点でも購入のハードルは高いでしょう。

Windowsタブレットは、企業ユースがメインで個人には向かないと思います。