iPhone6とiPadの比較 出先と自宅の使い分けが基本

■iPhone6 Plusは魅力的な画面サイズ

これまでiPhoneの画面サイズが小さいことに不満を持っていた
人にとっては、iPhone6 Plusの画面サイズはとても魅力的でしょう。
画面が大きいと見やすいですし、一覧性も高まります。

Web画面を見ても十分情報量が増えましたし、
ユーチューブの動画を観た場合でも、細部まで鮮明に見えます。
その点でiPhone6 Plusの大画面はとても嬉しいでしょう。

ただ、iPhone6 PlusはこれまでiPhoneを片手で操作してきた
私のような人間にはちょっとつらいサイズではあります。
両手で操作すると使う場所が少々制限されるときがあるからです。

その点のマイナスはあるものの、大画面の魅力はとても捨て
がたいのです。

LINEでチャットするのがメインの使い方では
iPhone6 Plusの大画面は必要ないかもしれませんが、

通勤中に動画を観て楽しむような場合は、とても嬉しいのでは
ないでしょうか?
iPhoneが出て以来の不満がかなり解消されたといえるでしょう。

一方で、タブレットも欲しい人は、「iPad miniは不要?」という
思いを持つかもしれません。
でも、iPhoneとiPadは用途が違いますので、使い分けた方が良いのです。

■iPhoneとiPadの違い

iPhone6 PlusでiPhoneの画面が大きくなったとはいえ、
iPadの機能を代替できるものではないと思います。
iPadが使いやすいのはその画面サイズのおかげだからです。

iPadを使ってみるとわかりますが、ウェブページを開くと
パソコンと同じ画面が表示されます。
一方、iPhoneで開くとiPhone用の画面が開きます。

これは、画面の小さなスマホでも見やすいように、パソコン用と
スマホ用のウェブ画面を用意しているところが多いからです。
そのため、iPhoneで開くとiPhone専用の表示になります。

もちろん、iPhoneでもパソコンと同じ画面に切り替えられますが、
iPhoneでパソコンと同じウェブ画面を見ると小さすぎて困ります。

iPadでは最初からパソコンと同じ画面が表示され、しかも
大きさがちょうどいいので、そのまま読むことができます。

動画を再生する場合にも、画面が大きいので細部までよく見えます。
これは、iPhone6 Plusでも同じですが、iPadはより画面が
大きいので、離れたところからでも十分観ることができます。

だから、テーブルの上に置いたり、料理をしながら映画を観る
といったことができます。ウェブページを見るときも、自宅であれば、
iPadを使って見た方が見やすいのです。

つまり、iPhoneとiPadは用途が違うということです。

ですから、iPhone6 PlusとiPad miniを比較して画面の大きさが
似ているけどどうしようかと悩むのではなく、

iPhoneはあくまでも携帯して使うもの、
iPadは自宅やカフェなどゆったり使える場所で使うもの

という使い分けをした方がいい、ということを忘れないように
しましょう。

iPadを買うのであれば、私はiPad miniは中途半端だと思います。
重いiPadしかなかった頃はiPad miniは価値がありましたが、
iPad Airがある現在、画面サイズも、性能も両面で中途半端です。

iPad miniはiPadの中では値段が安いということ以外に魅力は
ないかもしれません。

しかも、iPad Air2からは、iPhone・iPadを通じてはじめて
メモリが2GB搭載されました。

これによって、iPad Air2はこれまでにないくらい快適な動作をするように
なりました。メモリは、アプリを使うほどに消費しますので、2GB搭載に
よって、本体性能の向上と相まって全体の速度が格段に向上しています。

iPhoneにするか、iPadにするかと悩むのではなく、iPhoneはiPhone、
iPadはiPadで使い方を決めて、その用途に合ったものを選んだ方が
良いですね。