タブレットが遅いときの対策 買い換えモデル選びのポイント

タブレットが遅いと感じるなら、
それは買い換え時かもしれません。

以前はそれほど速度の遅さを感じなかったのに、
最近は遅く感じるのは、それはいくつか理由が
あります。

  • スマホの性能が高くなって、タブレットを遅いと
    感じやすくなった
  • アプリの機能が豊富になって、徐々に以前の
    タブレットでは軽快に動かせなくなった
  • 長く使うことによって、タブレット本体に
    ムダなものがたくさんできて、遅くなった

といった理由が考えられます。
今のタブレットが本当にダメかどうか、それを確認するには
次の記事をご覧になってみてください。

タブレットが遅いときの改善方法 速度を回復する4つの対策
タブレットが遅い理由は、症状から判断します。①性能不足 ②使っていると遅くなる ③最初の頃に比べて遅くなった ④急に遅くなった、さてどれでしょうか?

では、これからタブレットを買いたい人に
どう選んだら良いかを紹介しましょう。

タブレット選びで大事なことは目的をはっきりさせること

タブレットを買う人は、すでにスマホを持っている
人が多いと思います。

すでにスマホがあって、でもときどきスマホでは
不便なことがあるからタブレットを買おうかと
考えていると思います。

そのタブレットが欲しいと思う理由は何でしょうか?
たとえば、こんな感じでしょうか?

  • YouTubeや映画見放題などスマホより大きな画面で見たい
  • パソコン用のWeb画面を見るときに、スマホじゃ小さい
  • 地図を見るときに、全体を見たいからタブレットで見たい
  • 買い物をしたいけど、スマホの写真は小さくて細かいところがわからない
  • 本を読むにはスマホじゃページ送りが多すぎる

そうなんです、タブレットはスマホじゃ画面が小さくて
不便なところを補うために使います。

その中でもあなたがタブレットが欲しい理由、
それをよく考えておく必要があります。

そうでないと、用途以上の高いものを買ってしまう
可能性があるのです。

タブレットはあれば便利、でも、スマホほどの利用頻度は
ない人が多いと思います。

ですので、用途に合ったタブレットを買うことが
とても重要になります。
もちろん万能な1台を買うこともできます。

タブレットの万能選手はiPad

タブレットの代表格は、何といってもiPadです。
iPadは非常に完成度の高い製品です。

本体の性能は高く、画面は鮮明です。
関連製品の数も多く、たとえばタブレットのカバーを
買おうとしてもたくさんの製品が見つかります。

アプリもたくさんあります。
世の中のスマホ・タブレットのアプリで、
最初に作られるのがiPhoneやiPad用が多いです。

※ほとんどのアプリは、Android用もあります。

だから、どんな用途でも、こなすことができます。
iPadは少々値が張りますが、確実なものを
買いたいのであればiPadをおすすめします。

iPadをどうやって選ぶかと言えば、
まずは画面サイズです。

7インチのiPadミニにするのか、10インチ大の
iPadにするのかをまず決めましょう。

大きく分けるなら、外に持ち出して電車の中などで
使いたいのであれば、iPadミニが軽くて
良いでしょう。

もし、家で電子書籍や雑誌を読もうとしているのであれば、
10インチのiPadが良いです。

そして、次にどのモデルを選ぶかです。
今後、長く使いたいのであれば、
なるべく最新のモデルを買った方が良いです。

単に新しいものがいいというわけではなく、
新しいモデルは動作用のメモリが2GBのモデルなので、
その方が良いのです。

動作用メモリがどれだけ搭載しているかは
アップルは非公開にしています。

でも、どれだけの量を含んでいるかを
計測できるアプリがあって、メモリ量を調べた
人たちが公開しています。

それを、高級モデルから言うと
 iPad Pro 12.9インチ:4GB
 iPad Pro 9.7インチ:2GB
 iPad Air2:2GB
 iPad mini4:2GB
となります。

このように最新のモデルはすべて動作メモリが
2GB以上なのです。これを基準に選ぶと、
失敗の少ないiPadを選ぶことができます。

そして最後に、記憶容量ですが、
これは使い方にもよるのですが、
最低でも32GB、できれば64GBを選びましょう。

この理由は、iPhoneやiPadのアプリはサイズが大きく
なってきており、16GBでは足りなくなることが
ほとんどだからです。

しかも、カメラが高精細になり、写真も動画も
データ量がとても大きくなりました。

今は16GBの記憶容量のiPadはなくなりましたが
古いモデルでは16GBのものがありますので、
中古などで買うときは気をつけましょう。

記憶容量は、最低でも32GBを選びましょう。

iPadはアップルストアか大手の携帯電話会社でのみ
買うことができます。

大手の携帯電話会社のiPadは通信費が
高くなりますので、格安SIMを組み合わせると
安くすることができます。

アンドロイドはAndroid 5またはAndroid 6を選ぶ

アンドロイドのタブレットは、iPadと違って多くのメーカーが
作っていますので、選び方はかなり難しいです。

まず、どうしてもクリアしたいのは、
Android5.0以上のモデルを選ぶことです。

AndroidはAndoroid 5になって通知方法など
大きく改善されています。

だから、できる限りAndoroid 5以降を買いましょう。

さらに新しい、Android 6対応のモデルは
より新しい端末ですので、
こちらの方が性能的にも高いことが期待できます。

次に見るところは、液晶の大きさです。
Androidは7インチ、8インチ、10インチと
だいたい3タイプの大きさがあります。

その中で、自分の用途に合う大きさはどれなのか、
考えておく必要があります。

Androidの主流は7インチです。
10インチを探すのはなかなか難しいです。

Androidの場合、保存容量は16GBあれば
問題ありません。8GBはやや苦しいですが、
SDカードで拡張する方法もあります。

こういった中で、コストと性能のバランスの良い
1台を選ぶとすると、次の1台です。

次々新しいモデルが出ますので、2017年2月の
段階のおすすめモデルと思ってください。

それは、HUAWEI MediaPad T2です。

・サイズは7インチでコンパクト
・フルハイビジョン(1920 x 1080)サイズの高精細液晶
・動作メモリは2GB、保存領域は16GBで十分
・Android6.0に対応
・大容量のバッテリで安心の動作時間
・1,300万画素のカメラと自撮り用500万画素の高性能カメラ
・250グラムの軽さで持ち運びも楽々

この端末は性能に対して価格が安く設定されており、
かなりお得な端末です。

端末に格安SIMを組み合わせて使うことで
安く上がります。

タブレットの場合、電話の通話は不要ですので、
データ通信とSMSを契約します。

取り扱いは3社あります。
LINEモバイル、楽天モバイル、DMMモバイルです。

3社それぞれに特徴があり、一概にどこがいいとは
言い切れない状況です。

値段だけ見れば、DMMモバイルが安いのは一目瞭然です。
ただ、その値段だけ見たのでは比較を間違えますので、注意してください。

LINEモバイルはLINEやSNSの通信量が
カウントされないというメリットがあり、
実質的に多くのデータ通信量を使えます。

また、LINEモバイルは年齢認証ができますので、
LINEのID検索機能を使えるメリットがあります。

格安SIMでLINEの年齢認証ができるのは、
大手の携帯電話会社以外では、LINEモバイルだけです。

ただ、LINEモバイルは端末を分割払いにできないので、
分割払いをしたい人はDMMモバイルがお得でしょう。

もし、楽天モバイルに加入している人や
楽天カードを持っている人は、
楽天モバイルを選択するのもよいですね。

3社の比較を載せますので、参考にしてみてください。

機能 LINEモバイル 楽天モバイル DMMモバイル
本体価格 24,800円 23,800円 23,800円
分割払い(24回払い) なし 1,071円 1,265円
最低利用期間 なし なし なし
LINEの年齢認証 不可 不可
SNSフリープラン あり
1GBはLINEのみ
なし なし
1GB 500円 なし 480円
3GB 1,110円 1,020円 850円
5GB 1,640円 2,150円 1,210円
7GB 2,300円 なし 1,860円
10GB 2,640円 2,960円 2,190円
20GB なし 4,750円 3,980円

LINEモバイルのタブレットの魅力 月額500円で1GBが使える、SMSを付けてもう一つのLINE IDが持てる ①データ通信量1GBでも十分②データ通信+SMSで月額650円③高性能端末が24,800円とお手軽
月額500円から楽しめる7インチの高性能タブレット【LINEモバイル】

安さと用途を限るなら、アマゾンのFireタブレットが最安

最後に紹介したいのが、アマゾンのFireタブレットです。
映画を見る、読書をする、Amazonで買い物をする、
そんな人におすすめしたいです。

このタブレット、8,980円(税込み)という破格です。
しかも、アマゾンプライム会員(年会費3,900円)は、
4,000円引きの4,980円で買えるのです。

4,980円とはなんとも驚きの価格です。
それでいて、かっちり作られていて、とても4,980円とは
とても思えないできなのです。

使っても、映画に読書に問題なく使えるのです。

いいところばかりではないので、1点注意が必要です。
それは、ゲームやアプリの数は
iPadやアンドロイドに比べてかなり少ないのです。

たくさんゲームしたい
いろいろなアプリを楽しみたい
そういった用途には向きません。

アマゾンの端末は、基本はアンドロイドと同じですが、
アマゾンのアプリストアに公開されているアプリが
少ないのです。

タブレットとしてはコストパフォーマンスがいいのですが、
その点だけは割り引いて考えてください。

映画を見る、電子書籍で読書する、音楽を聴く、
買い物をする、などアマゾンのサービスを中心に使うと
考えて買えば、非常にお得なタブレットです。

8インチサイズはちょっと大きめで、5インチサイズの
スマホより大きくて映画を見るにはいいですよ。