スマホの中古ならドコモにする 格安SIMでグッとお得に使う

■スマホを安く手に入れる方法

スマホ本体は結構値段が高いものです。
高いものでは8万円〜9万円します。

格安スマホの中には2万円を切るものもありますが、
正直に言っておすすめできません。
たとえば、Freetelのスマホなどがあります。

かなり割り切れば使えないことはないのですが、
アプリを入れようとすると何かを削除しないといけないくらい
記憶容量が少なかったり、

動作するのに必要なメモリ容量が少なくとても動作が遅いなどの
欠点があります。

スマホの性能も向上していて、値段も下がっていますが
ざっくり言って、新品で2万円を下まわるものは
買わない方が良いのではないかと思います。

3万円を超えてもおすすめできないものもあるのですが、
それはこちらの記事を参照してください。

「格安スマホ比較 端末選びに失敗しないコツはたったひとつだけ」

格安スマホ比較 端末選びに失敗しないコツはたったひとつだけ
■格安スマホはいいものからダメダメなものまであるから要注意 スマホを手にするには、どこかの携帯電話会社と契約して、 スマホ本体と携帯電話回線を手に入れる...

■スマホの中古を買う際の注意点

中古のスマホを買う場合に気をつけたいことは、
 ○スマホの性能
 ○OSのバージョン
この2点です。

アイフォンであれば、種類は多くないので、
 iPhone5, iPhone5s, iPhone6, iPhone6 Plus
であれば大丈夫でしょう。

iPhone4Sは安く買えますが、さすがに今となっては性能が
高くないので、使っていて不満が出る恐れがあります。

アンドロイドの場合は、かなり難しいです。
今はスマホの性能向上が早いので、まずは発売時期で
候補を絞りましょう。

 (1)発売時期:2013年以降

中古の端末の場合、何年発売と書かれていると思いますので、
それを参考にしてください。

次に、アンドロイドのOSバージョンを見ましょう。
発売時期が2013年以降ならほぼ問題ないと思いますが、
アンドロイドのバージョンは4.2以降を捜しましょう。

 (2)アンドロイドバージョン:4.2以降
 

可能なら、アンドロイドのバージョンは4.4以降が望ましいです。

最後にメモリの搭載量が大事です。現状ではメモリは2GB搭載が
望ましいですが、2GBは最近のモデルが多いので、中古では
1GBのものがほとんどでしょう。

 (3)メモリ:1GB以上

この3つをクリアするスマホを選びましょう。
そして、どこの携帯電話会社のものを買うかというと

 (4)携帯電話会社:ドコモ または SIMフリーモデル

です。ドコモであれば豊富にある格安SIMが使えるので、
毎月の支払いを安く抑えることができます。
もしくは、SIMフリーというモデルです。

この4つ、しっかり守って選びましょう。