iPhone7は何がいい?防水とおサイフケータイの日本仕様

160911 iphones


■ iPhone7は日本仕様、おサイフケータイへの対応

iPhone7は何が変わったのかと見てみると、「日本」を意識したモノに変わった、といったら言い過ぎでしょうか?

「防水」機能と「おサイフケータイ」機能、この2つは過去日本におけるiPhoneの弱点と言われてきたところです。

今回、おサイフケータイに対応した理由は、今後アップルペイと呼ばれるスマホで決済する機能を日本でも普及させたいからに他なりません。

スマホで決済する人がどんどん増えています。決済というとピンとこないかもしれませんが、要はスマホでお金を払うってことですね。

アプリのアイテムをアップストアで購入して支払いをしたり、銀行の振り込みを行ったり、アマゾンで買い物をしたり。

そんな中で、今でも現金が必要なのが、実際のスーパーやコンビニなどでの買い物なのです。

スイカやパスモ、ワオンカードのように、お金を入れておいてレジでキャッシュレスで払う、これが現金不要でとても便利ですね。

アップルペイというのはこういったことを実現する機能なのです。


■ いちいち小銭を出さなくてもいいのが最大の利点

アップルペイとは、スーパーごとに違うカードを出さないといけないところをアップルがまとめて引き受けますというところにメリットがあります。

もちろん、どれだけアップルペイを採用する小売店が増えるかということに依存します。

時々実家の母と買い物に行くのですが、以前よりもワオンカードにチャージして支払うケースが増えています。なんと言っても「小銭を出さなくてもいい」と言うことに尽きます。

小銭を出すたびに金額を見ながらお金を取り出し、後ろに人がいるからと慌てるから、余計お金が取り出せないこともあります。慌てすぎると小銭を落としたり…。そんな苦労から解放してくれるのです。

スイカやパスモなどの従来型のカードに対して、iPhoneのようにスマホと一体化すると何がいいかというと、使った履歴期を見たり、不足した時にお金の充当がクレジットカードで簡単にできることです。

スイカやパスモはソニーのフェリカという技術を使っています。日本やアジアでは普及していますが、欧米ではそうでもないのです。

そのような仕様を日本のために入れてきたのですから、日本市場を相当意識していると言えるでしょう。


■ 防水機能で活用の幅が広がる

iPhoneがいよいよ防水機能に対応しました。

アンドロイドのスマホにおいて、iPhoneとの違いを出すために特に日本メーカーが力を入れてきたのが、先に書いたおサイフケータイと防水機能です。

防水機能があれば、生活の中での水濡れでは待ったく問題ないですし、お風呂の中でも使えます。

もちろん、ボチャンと水の中に入れて問題ないわけではありませんし、アップルが保証してくれるわけではありません。

それでも、通常付くような水滴くらいでは問題ないでしょうから、その点では安心感が増えるというものです。

ほかにも魅力的なものとしてカメラの高性能化があります。カメラが高解像度化し、暗いところでも写りやすくなっているのです。

iPhone7にそのものには劇的な進化はなかったものの、元々安心できる操作性や性能を提供してくれているiPhoneに、おサイフケータイと防水機能が付いて、カメラも良くなってと、着実な機能向上を果たしています。

いずれも日々の生活の中でうれしい機能ばかりですね。

特集記事

特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法