アマゾンエコーの初期設定は、スマホのアプリ簡単にできる

アマゾンエコーの初期設定は、スマホのアプリ簡単にできる

*記事中の料金はすべて税別です。

エコーのセットアップはスマホでやるのが簡単

アマゾンエコーの設定は割とカンタンです。アマゾンが簡単にできるようにしているからです。

とはいえ、とっても簡単かというと、つまづくことはあります。

それはスマホで設定しているのですが、エコーには設定するための表示やボタンがありませんから、手持ちのスマホでエコーと接続して設定する画面になるので、わかりづらくなります。

また、スマホの解説に出てこないので、使い方がわからないところもあります。

それでも、難しい設定を少しでも簡単にできるように、概ねよくできているのではないかと思っています。

設定の手順を見ていきましょう。

アレクサアプリのダウンロードしてログインする

アマゾンエコーを設定するのであれば、スマホを使うのが最も簡単です。

スマホでアプリのダウンロード画面に行きます。

iPhoneならApp、Androidならグーグルプレイです。

そこで「アレクサ」を検索すると、「Amazon Alexa」というアプリが見つかると思います。

まずこれをインストールします。

そして、アプリを起動すると、アマゾンへのログインを求められます。

エコーを買うにはアマゾンのアカウントをお持ちですから、そのアカウントを使ってログインします。

Eメールアドレスか電話番号とパスワードを入力します。

ログインできますと、「Alexaへようこそ!」というメッセージが表示されます。

そこには、オーディオや会話をクラウドに保存しますと書いてあります。およびアマゾンの規約に同意することが必要です。

規約は途中で読むのがイヤになるほど長いんですよね。

でも、これもしょうがありません。サービル利用上の注意点が長々と書いてあるのです。

インターネット上のサービスを提供する会社はどこもそうです。こういう長い利用規約によって、顧客から訴えられたりしないようにしているのです。

とにかく、このような長ったらしい規約はあるものの、同意できるなら「続行」を押します。

設定するためEchoに接続する

そうすると「ホーム」画面が開くと思います。

ただ、この状態ではまだエコーは使える状態になっていませんので、使える状態にしていきましょう。

この先はわかりにくいかもしれませんが、エコーに接続してエコーの設定を変えていくという作業です。

エコーの設定をスマホでしているということです。

「デバイス」の下にいくつかのアマゾン関連のデバイスが表示されていると思います。

1種類かもしれませんし、複数台のアマゾンの製品を持っていればその製品がリストで見えると思います。

その中に、「○○さんのEcho」というデバイス名のものが存在すると思います。

そのデバイスを選びましょう。

画面上に「ライトリングがオレンジ色に点灯するまでお待ちください」と表示されるので、その指示に従ってください。

オレンジ色に点灯したら、「次へ」を押します。

再び画面上に「○○とEchoを接続する」のように説明が現れます。iPhoneの場合は、「iPhoneとEchoを接続する」のように表示されます。

この後スマホの画面にしたがって設定します。

Wi-Fi設定を開いて、Amazon-XXXというネットワークを探して接続します。

「Echoに接続しました」と表示されたら接続成功です。

エコーのネットワークを設定する

次の画面はわかりにくいかもしれませんが、エコーのネットワークを設定することになります。

ネットワークに接続しているのに、なんでまたネットワークの設定をするのかと思うかもしれませんが、エコーのネットワーク設定のために行うためなのです。

ここでエコーを設置した場所で使えるネットワークを1つ選びます。

そうすると、今度はそのネットワーク接続のためのパスワードを入力する画面になります。

ここで入力するのは、Wi-Fiルーターに接続するためのパスワードになります。

このネットワーク接続先とパスワードの入力が正しいと、「セットアップ完了、EchoがWi-Fiに接続されました」と表示されます。

これでエコーのネットワーク設定も終わり使えるようになります。

特集記事

特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法