光にはどんなルーターがおすすめか? 高速な無線通信がベスト

光にはどんなルーターがおすすめか? 高速な無線通信がベスト


■光回線は1Gbpsが標準、ケーブルテレビは従来のまま

NTTやauが提供する家庭用インターネット回線である「光」の速度は、
1Gbpsという速度になり、従来の100Mbps(0.1Gbps)に対して
10倍速となりました。

どんなインターネット回線も、これは理論値で実際にはこれほど速くはないのですが、
それでもこの速度はとても魅力的です。

ソネットが提供する「NURO光」は2Gbpsとさらにこの2倍速なのですが、
戸建ては問題ありませんが、残念ながら集合住宅は2階建てまでと利用が
限定的です。

とはいえ、これまで考えられなかったようなスピードのインターネット回線を
自宅に引くこと亜できるようになっているのです。

それに対し、ケーブルテレビも高速化して60Mbpsなどは出るように
なってきていますが、1Gbpsには遠く及びませんし、ケーブルテレビが
提供する60Mbpsは光に対して割高な金額設定です。

この高速な「光」回線も、スマホやタブレット、パソコンから無線で
つなぎたいと思うとき、どうしたらこの性能を活かすことができるでしょうか?


■無線LANを導入するときに、最新規格の11ac対応にする

インターネット回線を引いたあと、無線LAN環境を自分で用意する場合、
たくさんの無線LAN機器の中から1台を選ばなければなりません。

自宅の間取りや、インターネット回線が引かれる場所と使いたい場所との
関係によって違ってきますが、光回線のスピードを活かすのであれば、
最新のWi-Fi規格である、

 IEEE802.11ac

を利用てきる機種を選定することがおすすめです。
これまでの規格では、最高600Mbpsまで対応できました。
しかし、光の1Gbps(1000Mbps)には性能で及びません。

それに対し、11acは433Mbpsの対応です。
あれ、最新規格の11acの方が遅いじゃないか、と思ったかもしれません。
でも、実際には11acには高速になる秘密があるんです。


■11acはアンテナの数によって高速化できるのがウリ

11acの433Mbpsという速度は、アンテナ1本の場合です。
アンテナが2本あると2倍、3本あれば3倍と高速化できるのです。

11acのアンテナ1本:433Mbps
11acのアンテナ2本:866Mbps
11acのアンテナ3本:1300Mbps

となります。
つまり、光の1Gbps(1000Mbsp)を活かすためには、それを超えるスピードが
必要ですので、少し及ばないもののアンテナ2本か、アンテナ3本の製品を
買った方が良いことになります。

11acのアンテナ3本のモデルあと、だいたい1万5千円ほどになります。
安い買い物ではありませんが、せっかくの高速回線を活かすのであれば
これも大事なことでしょう。

フレッツ光でWi-Fiルーターをレンタルすると、アンテナ3本の11acで
月額550円になります。2年3ヶ月ほど借りると、15,000円のWi-Fiルーターを
買うのと同じ金額になる計算ですね。

どちらが良いか、ご家庭の都合に合わせて考えると良いと思います。

アンテナ3本で、1733Mbpsに対応した、NEC製のAterm WG2200HP2は
オススメできる性能を持った製品です。