ビッグローブのスマホの評判 Wi-Fiスポット利用が魅力

ビッグローブのスマホの評判 Wi-Fiスポット利用が魅力


■ ビッグローブのスマホ・SIMの特徴はWi-Fiスポットが無料な点

スマホを安く使おうと思ったら、一番気にしないといけないのはデータ通信量を少なくすることです。

データ通信料金は、契約するデータ通信量に依存します。たくさんのデータ通信量を必要とすればするほど、月額料金は高くなっていくからです。

そのデータ通信量を極力少なくするにはどうしたらよいでしょうか?

データ通信量は、契約した通信会社の回線を使ったときに発生しますので、これを減らすことが重要です。その減らす方法は、Wi-Fi接続を利用することです。

スマホには、通信会社の回線を利用する通信と、Wi-Fiを経由した通信があります。この2つの通信状態は、スマホの画面の最上部に表示されているのでわかります。

ケータイと同じく3本の電波の強度で示されているのが携帯電話会社の回線の状況、その横に扇形をしたアイコンが出ているときがWi-Fiで接続しているときです。

このWi-Fi接続しているときにスマホを使っても、データ通信量としては加算されないのです。


■ 大手の携帯電話ではWi-Fiスポットが利用できる

大手の携帯電話で契約しているときは、ドコモやau、ソフトバンクがそれぞれ提供しているWi-Fiスポットが利用できる箇所がいろいろな場所に数多くあります。

ちょっとした喫茶店に入っても設置されているケースが多いのです。あなたは気づかないかもしれませんが、Wi-Fiをオンにしている限り、スマホは自動的にWi-Fiを見つけて接続しているのです。

※完全自動ではありません。一度接続の許可をしたあとは、2回目以降は自動で接続します。同じ会社が提供するものであれば、一度許可すれば別のところで接続する場合も自動です。

一方、格安スマホにすると、大手3社のWi-Fiスポットは使うことができなくなり、Wi-Fiスポットを利用するためには別料金を払って契約しないといけません。

月々500円が相場ですが、別途契約している人は多くないと思います。

月々500円払ってWi-Fiを契約するのではなく、少し高い料金を払ってデータ通信量を増やしているのが現状でしょう。


■ ビッグローブはWi-Fiスポットを利用できる

これに対し、格安スマホの中でもWi-Fiスポットが利用できるものがあります。その1つがビッグローブなのです。

ビッグローブのスマホの契約をした後、そのスマホのMACアドレスを登録すると、Wi-Fiスポットが利用できるようになります。利用可能なWi-Fiスポットは全国で8万箇所もあるのです。

MACアドレスとは、スマホやタブレット、パソコンなどネットに接続できる機器には必ず持っている、固有の番号のことです。スマホで端末情報を見るとすぐに見つけることができます。

ここで利用できるようになるWi-Fiスポットは、市中にたくさんありますから、スマホではWi-Fiをオンにしておきましょう。そうすることで自分が気にすることなくWi-Fiに接続できます。

こうすることで、データ通信量を少なめにできるのです。これがビッグローブ契約のコツです。