アダルトサイトに子どもが迷い込んだ時の対処法 未然に防ぐ教育

■子どもがスマホを使ってアダルトサイトに迷い込んだ

意図して、意図せずにかかわらず、子どもがスマホをさわっていて
アダルトサイトに入り込むことは起こります。

子どもたちが探したい情報のうち、ゲームのクリア方法などを
記載したホームページには、広告やリンクをクリックして
追っかけているうちに、アダルトサイトに入り込みます。

そういうとき、いきなりの画面に焦ってしまって、画面を
消そうとしたり、元に戻ろうと慌ててしまい、予期せぬ方向に
進むことがあります。

いったん、そうなってしまうとずっと画面が出続けることも
ありますし、リンクをクリックするとメール送信の画面が
開くため、うっかりメールを送るなどの操作もしてしまいがちです。

こうなってしまうと、相手からメールが直接送られてきますし、
画面上もずっと表示されてしまうようになってしまいます。

これは、実は大人でも焦ってしまう症状です。
スマホをそこそこ使っている50代の人から、

「アダルトの画面が出て請求されている、どうしたらいい?」

と相談されたときは少々笑いたくなりましたが、本人は
真剣です。何にもしていないのに請求されるわけですから。

大の大人ですらこうです。
小学生はもちろん、中高生でもこの状況は慌てるでしょう。
こういうときはどうしたらよいでしょうか?

■何も購入していないサイトの請求は無視する

とにかく、ウェブサイトやメール1通で支払うよう求められても、
身に覚えのないことに対して支払いをする必要はありません。
請求される覚えがないのでしたら、堂々とすることです。

その前に、子どもが画面にしたがって、メールを送ったり、
写メを送ったりした場合は心配もあるでしょう。
それでも、請求に対して絶対にお金を払ってはいけません。

堂々と拒否する姿勢が必要です。

特に、ある程度おこづかいを持っている中高生は要注意です。
最近は、現金だけじゃなく、プリペイドカードの数も増えて、
高額な支払いも可能になっています。

万単位のプリペイドカードすら、コンビニで買えてしまいます。
プリペイドカードは、番号だけが意味を満ちますので、
番号さえ手に入ればお金同様に使うことだってできます。

子どもたちのおこづかいだからと、自由になるお金を
たくさん家に置いたままにしたり、管理を任せっきりに
してはいけません。

振り込め詐欺同様、軽くお金をだまし取ろうとする者が
多いのです。そんな者たちにだまされないよう自衛して
いきましょう。

■子どもたちに事前に心得てもらう

スマホは便利ですが、ネットで簡単に大人とつながってしまう結果、
このようなことに巻き込まれる可能性も増えています。

ネットの危険性を伝え、お金を請求されたときに親に相談する
用に事前に心得てもらうようにしておくことは重要です。

こうやって、子どもたちが事件に巻き込まれるのを
未然に防ぎましょう。