スマホの利用時間を制限する 親の遠隔操作はトーンだけの魅力

スマホの利用時間を制限する 親の遠隔操作はトーンだけの魅力


■ スマホで遊びすぎを防止したい

スマホが便利になり汎用化したために、スマホを持つ年齢がどんどん低年齢化しています。

小学生や中学生など、まだまだ自制がきかない子供に持たせるスマホとして、子供がスマホを使った時間を親が確認したり、

使用時間が長すぎる場合は制限することができるスマホがあります。レンタルビデオのTSUTAYAが出している「トーンモバイル」です。

特に小さなお子さんにスマホを持たせたいときに、しっかりと親のコントロール下に置くための、とても便利な機能を持っています。

このスマホは、これまでのスマホにはない機能を持たせており、特に「親子」で上手にスマホと接するにはなかなか考えられています。

どんな点が良いのか具体的に紹介しますね。


■ 親が子供がスマホで使うアプリや利用時間帯を指定できる

トーンモバイルを初めて知ったときの驚きは、「スマホを使う時間をアプリごとに指定できる」という機能です。

これまでのスマホでは、スマホ全体に使用時間を制限することはできても、アプリごとに利用時間を制限することはできませんでした。

それがトーンモバイルでは、アプリごとに指定できるのです。

この機能が便利なところは、ゲームをするのはいいけれど、LINEで友達とチャットするのは夜××時まで、いう風に、

スマホの全体を止めはしないけれど、特定の機能だけ禁止する、あるいは特定の機能だけ許す、と決めるときなどに有効なのです。

たとえば、小学生や中学生に夜遅くまでLINEをさせると、ずっと友達とつながることになり、常にチャットに返信するようなことになりよくありません。

LINEのチャットを始めたら、ずっとやめない人が困ったという話しはよく聞きますが、そういったことを未然に防ぐためにもアプリごとに利用時間を決められるのはメリットがあります。


■ 親のスマホからこのスマホの制御ができる点がすごい

しかも、トーンモバイルでは、親のスマホから子供のスマホのアプリの利用時間を制限したり、これまで使えていたアプリを使用禁止にすることができるのです。

言うことを聞かず遊びすぎたなと思ったら、「バツ」を与えられる便利機能です。

最初にアプリを使いたいときも、子供は親に申請して初めて利用可能になりますし、利用できていたアプリを禁止にすると、再度子供が利用を申請して親が許可しないと使えないのです。

そういったことが親子のスマホ間で簡単にできるようになっているのです。

他にも子供向けに送ったメッセージが読むまでずっと出続ける機能やながらスマホを禁止する機能など、役に立つ面白機能が搭載されています。

このトーンモバイル、子供に使わせるということに関して本当に考えられているのです。

特集記事

特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法