スマホ乗り換えでパズドラどうする? データを使い続ける方法

■スマホの乗換は新端末の喜びとデータ移行の不安

新しいスマホに乗り換えるとき、性能が良くなり、画面が大きくキレイに
なったり、新しい機能が使えるなどの楽しみがあります。
多くの人は、このために新しい機種に乗り換えると言って良いでしょう。

このときどうしてもつきまとうのがデータ移行の問題です。
スマホはインターネットを経由するサービスが多いので、
データがインターネット上に保管されているものも多いです。

たとえば、Gmailでは、メールはグーグルのサーバーにすべて
保管されています。フェイスブックやツイッターの投稿は
やはりすべてフェイスブックやツイッターのサーバーにあります。

このようなタイプのアプリでは、新しい端末になっても
アプリを起動しログインするとデータ移行することなく
最新のメールや投稿を見ることができます。

注意:
新しい端末に移行したとき、アプリがログインに必要とする、
IDとパスワードの組み合わせは持って行けません。
必ず一度はアプリごとにIDとパスワードを入力しないといけません。

ところが、アプリのデータはすべてがサーバーにあるわけでは
ないのです。写真を撮ったとき、写真はスマホ上に保存されます。

LINEのメッセージやパズドラのゲームのデータもスマホ上に
保存されます。これらはアプリごとに設計が異なるので、
何がサーバーに保存され何がスマホに保存されるかは実際はわかりません。

GmailやフェイスブックなどのSNSのようにほぼ100%の
データがサーバーにあるものを除いて、多くのアプリは
スマホ上にデータを持っていると思った方が良いのです。

これらのデータを間違いなく新端末に引き継ぐにはどうしたら
良いでしょうか?
ここでは質問の多いパズドラの例で考えましょう。

■iPhoneの機能を使ってバックアップする

iPhoneにはiCloudという機能があります。
この機能を使うと、スマホのデータは安全な形式で
アップルのサーバーに保存されます。

これを新端末でもiCloudを使ってデータの同期をします。
このとき、旧湍末と新端末で同じアップルIDを使うことが
必要です。

iCloudは、アップルから5GB分のデータ容量は無料で
提供されています。

多くの場合は、5GBに収まると思いますが、写真や動画が
多い人の場合は容量が足りないかもしれません。

その場合は、事前に不要なデータを削除してバックアップする
データ量を減らすことも大事なことです。写真のデータの中には
必ずしも必要でないものも意外とあるのではないでしょうか。

また、アプリによってはデータをほとんど移行する必要がない場合
もあります。そのようなアプリのデータはバックアップの対象から
外すことで、5GBに抑えることができます。

パズドラのデータを引き継ぎたいのであれば、パズドラをバックアップ
対象にしましょう。

■パソコンを使ってiTunesでバックアップする

パソコンにiTunesをインストールしている人は、iTunesを使って
旧端末のデータをバックアップし、新端末にリストアすることで
データをほとんどそのまま持っていくことができます。

この場合は、パソコンにデータが保存されますので、容量を
気にする必要はありません。

アップルIDやアプリのログイン情報をのぞいて、ほとんどの
設定が引き継がれますので、新端末でもほとんど同じように
使い始めることができます。

このときは、パズドラのデータバックアップをするかは指定の
必要はなく、すべてのスマホのデータが新端末に移行できます。

■パズドラの機能を使って新端末にデータを移行する

パズドラの中にデータを移行する機能が盛り込まれています。
「その他」の「機種変更」という機能を使います。

この機能の最大のメリットは、端末がiPhoneでもアンドロイドでも
関係なくデータを移行できることです。

上に書いた2つの方法は、iPhone間でのデータ移行を指しています。
この方法はパズドラに限定されますが、パズドラのデータなら
端末にかかわらず移行できます。

これらのデータ移行方法を端末に応じて使い分ける必要があります。