ガラケーのアドレス帳をiPhoneに移行する 簡単な方法

■ガラケーからスマホに移行するとき、アドレス帳のデータをどうする?

ガラケーからスマホに変えたとき、大事なことがあります。
それは、アドレス帳をどうやって持っていくか、ということです。

ガラケーからスマホに変わったときはとても大きな変更なので
操作性や何ができるかということが焦点になりがちですが、
アドレス帳データをどうやって持っていくかはとても大事なことになります。

おそらく、ガラケー片手にスマホの電話帳に打ち直す、ということも少なく
ないと思います。それでも、特にスマホを使い始めてまだ慣れないうちは、
その入力操作すらたいへんな時期があるのも事実です。

それに、数が10件や20件なら何とかなるかもしれませんが、数10人あるいは
100人以上となるととてもやっていられません。

赤外線で送れば、といったこともアイデアとしてはあるのですが、
iPhoneでは赤外線は付いていませんし、アンドロイドでも特に最近は
赤外線は付いていない機種がほとんどです。

こんな中どうやって解決しましょうか?

■パソコンを使えば、短時間で解決できる

もし、パソコンを持っているのでしたら、割とカンタンに解決する
方法があります。
手順としては、

①ガラケーのアドレス帳をメールでパソコンに送る(メールもしくはSDカード)
②パソコン上で変換する(変換ソフトは無慮)
③変換したアドレス帳をスマホに送る
④スマホでアドレス帳に取り込む

となります。
ここに描いてある、「パソコン上で変換する」ためのソフトは、
携帯電話会社が無償で提供してくれています。

通常、機種変更するとガラケーとiPhoneの両方が同時に
ネットにつながることはありませんから、解約前に
ガラケーから送っておくか、SDカードでパソコンに読み込みます。

パソコンを使うことができれば、これによって
比較的短時間に移行できます。

■QRコードで読み込む

ガラケーにアドレス帳データを1件ずつバーコードで表示し、
それをアイフィン側で読み込む方法があります。

この方法は、1件ずつ処理するため手間はかかりますが、
アイドンで手入力する手間がありません。
その点で、大幅にラクすることができます。

この場合の最大のメリットは、パソコンは不要ですし、
ガラケーもiPhoneもネットにつながっている必要は
全くありません。

ガラケーとiPhoneの間で直接アドレス帳を交換できます。
必要な人からiPhoneのアドレス帳に移行していけば
良いですね。

iPhoneで使うアプリは、
「サクッと交換 – QR読み書き,写真とMAPの編集送信,顔文字,辞書登録,Bluetoothデータ交換」
です。

これをダウンロードして使いましょう。
ガラケーでQRコードを表示したいときは、
QRコードの表示するアプリを使います。

このような手段で、ガラケーのアドレス帳データをiPhoneに移行しましょう。