スマホの情報漏洩対策 自分のことは自分で守る意識と知識が大切

■スマホの情報が抜き取られる?

スマホから情報が漏洩すると言われます。
その対処もいろいろと求められます。
スマホの情報漏洩とはどんな情報のことでしょうか?

スマホが持つ情報の中には、

 (1) 人に関する情報 自分および知人の電話番号やメールアドレス
 (2) 口座番号や暗証番号などのWebサイトにアクセスするためのIDとパスワード

に大きく分けられます。

それぞれ危険性と防ぎ方が異なりますので、分けて説明しましょう。

(1) 人に関する情報 自分および知人の電話番号やメールアドレス

こちらは、主にアドレス帳に入っている情報が主になります。
主な流出経路は、アプリを経由したものになります。
悪質なアプリが勝手にデータを抜き取ってサーバーに送ってしまうのです。

アドレス帳を抜き取るアプリについては、動き始めたら実際は防ぎようがありません。
iPhoneやiPadでは、アプリを使い始めるときに、「アドレス帳へのアクセスを
許可しますか?」と聞いてきますので、その時点でブロックが可能です。

それでも、アドレス帳を使うことを許可しないと意味がないアプリの場合、
許可するしかありません。許可したあと、アプリが勝手にアドレス帳を送信して
しまうなら、使う側での対処は難しいです。

アンドロイドの場合は、アプリのダウロードを許可してしまえば、
あとは一切制限がないので、アプリがアドレスデータを
勝手に盗んで送ってしまうことを防げません。

できることは、アンチウイルスソフトを入れることでしょう。
avast! Mobile Securityというアンチウイルスソフトは、
悪質なアプリの検出まで対応しています。

これを利用するのはひとつの手でしょう。

一方、メールアドレスが流出すると、メールを送りつけて、
メールに記載された悪質なサイトに誘導することで、
法外な請求を言ってくるタイプのものがあります。

どんな人でも、はじめてそのような請求画面が出ると、驚き、慌て、恐れ、
そして後ろめたさなどから、結果的に請求通りに支払うことが
起こってしまいます。

私の50代の知人ですら、「契約が成立したので、××万円払え」という
スマホの表示に驚き、私に相談してきたくらいです。

誰もが慌ててしまうのです。そして文面によって、脅されてしまうのです。
仮にいかがわしいサイトを見てしまったという後ろめたさがあったとしても、
不正な請求を受けてはなりません。

まずこういうことを受けないためにはどうすればよいでしょうか?
残念ながらメールで来る以上は、なかなか良い対策がありませんが、
グーグルのメール(Gmail)を使っている場合は、メールをブロックするのが有効です。

Gmailで該当のメールを開くと、右上のメニューの中に
「迷惑メールを報告」という項目がありますので、
これを選択すると、以降は迷惑メールとして扱われます。

(2) 口座番号や暗証番号などのアクセス用情報

これは、Webサイトにアクセスしたときに、偽装したサイトで
口座番号と暗証番号を入力させるようなものです。
このタイプのものは、アンチウイルスソフトが有効です。

対応しているものは結構ありますので、無料のものから試すことはできます。
大事なことは、普段から不用意にIDやパスワードを入力しないことです。
スマホであれば、そのサービス専用のアプリを使うことが重要です。

最近は、オープンIDといって、グーグルやヤフー、フェイスブックの
アカウントを使ってログインするタイプのサービスが増えています。

万が一、これらの共通のIDとパスワードが盗まれたら、自分のIDを使っている
あちこちのサイトに勝手にアクセスされてしまいますので、注意が必要です。

私は、あまりオープンIDを使わないようにしています。
グーグルのアカウントはグーグルだけでのみ使うようにしているのです。

面倒であまりやりませんが、定期的なパスワードの変更は有効でしょう。
これらの危険に対し、万全な解決方法は存在しません。
自分で知識を身に付けて防御していくしかありません。