SIMロック解除のメリットは? 海外でのスマホ費用が安いこと

SIMロック解除のメリットは? 海外でも安くスマホが使える


■海外でそのまま国内のスマホを使うと1日3,000円かかる

スマホが身近な道具となってきて、手放せなくなればなるほど、
海外旅行に行ったときも手放したくはありません。

日頃から友達がSNSで発信しているのを見ていると、
自分が海外旅行に行ったときこそ、SNSで思いっきり
「シアワセ」を発信したいと思うのではないでしょうか。

それなのにそれなのに…
国内のスマホは海外では電波がないため使えないという
ダサすぎる衝撃の事実…

現地の携帯電話会社と提携しているため、
海外でも国内と同じようにスマホが使えるように
なってきたけれど、その費用がまた高いんです。

1日3,000円もかかります。
この3,000円は一日の上限額なので、これ以上かかることはありませんが、
これより安くすることは現実的にできません。

ある一定量までは従量制になっているのですが、
その容量はスマホのデータ使用量でいえば、おそらく数分程度で
なくなってしまう量です。

ですから、少しスマホを使えば、あっという間に1日3,000円が
飛んでいってしまうのです。


■現時で使えるモバイルルーターなら1日900円ほどから利用できる

それに代わる方法がモバイルルーターを使う方法です。
モバイルルーターとは、Wi-Fiで接続できる機器で、
現地の携帯電話会社の電波を使ってインターネット接続を可能にします。

現地で借りる方法もあるでしょうが、旅行先でその手続きをするのは
何かとたいへんです。渡航する国によって多少差はあれど、
国内で借りて持っていき、帰りに空港で返すというのが最も簡単でしょう。

この場合、1日900円ほどから利用できますので、
1日3,000円に比べればずいぶん気が楽です。

スマホを海外でそのまま使う方式に比べ、モバイルルーターを使う方式の場合は、
主として日本の携帯電話会社が提供するメールサービスや
その他の一部のサービスが使えなくなります。

日本携帯電話のメールが使えないといっても、
LINEやフェイスブック、ツイッターといったアプリは
全く問題なく使えます。


■現時で使えるモバイルルーターはお手軽だがバッテリに心配あり

もう一つ、モバイルルーター使用時の欠点は、バッテリーが長持ち
しないことです。どれだけ長く使えたとしても実質的には、
丸1日問題なく使えるとはいえない可能性があります。

こういうことに備え、モバイルルーターを使うときはこまめに
モバイルルーターの電源を切るのが良いでしょう。


■SIMロック解除すれば、現地のSIMを使える

最後の方法は、現地のSIMを使うことです。
現地もしくは渡航前に、渡航先で使える電話会社のSIMを購入して
スマホに挿して使うことです。

この最大のメリットは、スマホと一体型になりバッテリの持ちがスマホと
同じになることです。少なくとも、国内で使っているときと同じ程度の
バッテリの持ちが期待できます。

そのためには、スマホのSIMロック解除が必要です。
SIMロック解除されていない場合は、スマホが利用できるSIMは
契約している携帯電話会社のものに限定されます。

これがSIMロックを解除する大きなメリットと言えます。