au WALLETのポイントの使い方 全世界で使える魅力

au WALLETのポイントの使い方 全世界で使える魅力


■au Walletが契約数を伸ばしている

au WALLETが大人気のようです。
auの携帯電話やauひかりの契約をしている人しか発行できないのですが、
発行者はどんどん増えています。

特長は、

 プリペイドカード
 ポイントカード
 クレジットカード

の機能を併せ持つことですが、本当の良さはプリペイドカードなのに
クレジットカードのように使えることです。買い物したポイントも
チャージすることで、どこでも使うことができます。

詳しく見てみましょう。


■MASTERカードが使えるところなら、プリペイドで支払いができる

au WALLETは、MASTERカードが使える全世界3,810万店のお店で
使うことができます。クレジットカードが使えるのは今までのカードですが、
au WALLETならプリペイドカードでの支払いが可能です。

これってどんなにいいかというと、プリペイドだから
 お金が入っている分しか使えない
ということです。

なのに、クレジットカードと同じようにお店やインターネットで
支払いができるところが最大の魅力です。

ただ、プリペイドカードは事前にチャージが必要です。
このチャージは、auショップなどもしくはアプリ・Webでチャージします。
チャージするためには、クレジットカードの設定をする必要があります。


■ポイントアップ店ならさらにポイントがたまる

au WALLETは、200円ごとに1ポイントのポイントが付きます。
ポイントは、au WALLETにチャージすることで1ポイントを1円で
使うことができます。

 ※auポイントの場合は、1.2ポイントで1円と若干少なくなります。

そして、使うお店によって、ポイントをアップすることができます。
たとえば、セブンイレブンなら200円で1ポイントアップします。
つまり200円で2ポイント付くということです。

ポイントアップのお店は、他にもイトーヨーカドーやマツキヨなどもあります。
これってどういうことかというと、セブンイレブンやマツキヨで買い物を
したポイントを好きなところで使えるってことです。

マツキヨのポイントがマツキヨでしか使えないのとはワケが違うのです。
TポイントであればTポイントが使えるお店でしか使えません。

それに比べ、au WALLETのポイントはマスターカードが使えるお店で
使えるのです。ポイントが使える場所をグーンと広げます。


■au WALLETへのチャージ方法

au WALLETをプリペイドカードとして使うためには、
チャージすることが必要です。

お店でのチャージは現金でできますが、お店が少ないですから、
簡単にチャージするには、クレジットカードからチャージできるように
しておくのが便利です。

スマホを使っている人は、アプリでチャージができます。
自動でチャージすることもできますが、自動でどんどんチャージされると
心配な人は、アプリやWebでチャージするようにしましょう。

チャージに設定できるカードの種類は、次の9種類のカードです。
発行元はそれぞれの会社に対しMASTER、VISAは全カード、
JCBは、セゾン・楽天・イオンに限られます。
 ※2015年10月現在

 au WALLETクレジットカード
 セゾンカード
 UCカード
 MUFGカード
 DCカード
 NICOSカード
 楽天カード
 イオンカード
 TS CUBIC カード

これらのカードをチャージの設定をしておけば、あとはスマホのアプリを使って、
もしくはWebブラウザでアクセスしてチャージできます。

auショップでのチャージは、店員に現金を渡してやってもらう方式ですし、
すべてのお店で対応しているわけではありません。

SUICAやPASMOといった電鉄系のプリペイドカードに比べて、現金を使ってチャージ
することはかなり不便なので、クレジットカードからチャージする設定を
しておいた方が良いでしょう。