アマゾンのTVスティックは?音声認識リモコンを買うべき理由

アマゾンのTVスティックは?音声認識リモコンを買うべき理由


■ アマゾンのFire TVのラインナップは2種類ある

アマゾンが発売しているFire TVシリーズは

 ボックス型のFire TV
 HDMIに挿すFire TV スティック

の2種類あります。
この2種類の決定的な違いは価格にあります。

Fire TVは12,980円(税込み)で、Fire TV スティックは4,980円と
半額以下の値段設定です。

スティックは100円ライターくらいのサイズで、テレビのHDMI端子に挿すだけで
使うことができます。 

両者の値段の違いはどこに現れるでしょうか?
安い方が良いか、少しお金をかけるか、その判断のポイントはどこでしょうか?


■ スティックは、動作用メモリが半分で、映画の先読み機能が無い

スティックはそのコンパクトさ故に、動作用のメモリがFire TVの半分です。
この半分のメモリサイズの影響は、主として動作スピードに表れます。

動作用メモリが少ないと、アマゾンビデオを見たり、ユーチューブやNETFLIX、
あるいはゲームなどいくつものアプリで遊ぶときなどに、特に動作スピードが
遅くなるという現象に現れる可能性があります。

その点で、ゲームもFire TV スティックで楽しみたいと思う人は、もしかすると
少し動作スピードに不満が出るかもしれません。

また、Fire TVは利用者が再生する映画を先回りしてダウンロードし、
再生が指示されたらすぐに始まるというASAP機能(先読み機能)を持っていますが、
このスティックにはありません。

このASAP機能は本当にすばらしく、映画を選んで再生を指示するとまさに
瞬時に再生を開始できますし、スリープ状態から復帰してもすぐに再生が始まります。
その機能はスティックでは楽しめないことになります。

ただ、アマゾンの映画配信サービスは優秀で、それほど待たされることは
ありません。数秒のタイムラグを許せるのであればそれほど不満が出る心配は無いでしょう。


■ スティックを常時HDMI端子に挿しておくことのデメリット

Fire TV スティックの場合、スティックをHDMIに挿しているので、
テレビの電源投入とともに常にスティックの電源も入ることが避けられません。
これによる心配は、耐久性です。

つまり、テレビのオン・オフとともにスティックの電源も必ずオン・オフされますし、
コンパクトさゆえに熱も持ちやすくなります。
また、スティックは少々長くテレビからの結構出っ張るのも気になります。

もちろん、メーカーはこのようなことは十分に想定済みで、熱対策も電源の
オン・オフも繰り返しテストして性能を保証しているはずです。
心配する必要はないと思いますが、この点が気になります。


■ スティックを使うなら、音声認識リモコンが便利

アマゾンでビデオを探すときなど、一つひとつスクロールしながら探すのは
時間がかかります。見たいものがあれば簡単に検索したいでしょう。

それを簡単にするのが、リモコンに付いた音声認識機能です。
これがあれば、リモコンを使って画面上のキーボードの文字を動かして
文字入力するという手間から解放されます。

リモコンのマイクに向かって話しかければ、すぐに変換されるのです。
そのためには、マイク付きリモコンが付いているモデルを買う必要があります。
この場合、Fire TV スティックの値段は6,480円になります。

ただ、ここまでお金を払うなら、同じ音声認識リモコンが付いている
Fire TV(12,980円)にしてもいいかな…という悩みが出ます。

Fire TVについては、次の記事で紹介していますので、
参考にしてください。