インターネットの開通を最短にするなら、WiMAX2+

WiMAXを比較する 工事不要でお手軽さが最大のメリット

WiMAX2+を選ぶべき人はどういう人か?

WiMAX2+は、複数の機器を同時に
インターネットに接続させるための
ネットワーク機器です。

今や、スマホやタブレット、
パソコン、テレビやテレビゲーム、
レコーダーなど

多数の機器がインターネットに
接続できるようになっているのです。

それらをまとめてネットに接続できる
ようにしてくれるのです。

その機能をコンパクトにして
持ち歩けるようにしたのが
モバイルルーターです。

WiMAXのメリットをひとことでいえば、

家でも外でも複数台の端末を
簡単にインターネットに接続できる
ということです。

スマホと共にパソコンやタブレットを
外に持ち歩いている人には、

いつでもネットワークに接続できるように
してくれる強力な機器なのです。

しかも自宅で使う場合も簡単です。

WiMAX2+のモバイルルーターの
電源を入れて、接続したい機器から
Wi-Fiで接続するだけです。

最短翌日には利用可能になるため、
急いで回線を引きたい人や

出張で使いたい人などに
重宝するのです。

工事不要で設置できるのが魅力

自宅にインターネットを引いて
Wi-Fiルーターを設置すれば、

WiMAX2+と同じように複数の機器を
インターネットに接続させることができます。

すでに自宅にインターネット回線が
引いてある場合には、

Wi-Fiルーターを買ってきて
設置すればよいです。

まだ自宅にインターネットを引いていない人は

まずインターネットを引くことからはじめます。

自宅にインターネットを引くためには、
NTTやau、ソフトバンク、あるいは
ケーブルテレビと契約して、

自宅に回線を引くことになります。
ところがこれには工事が必要です。

戸建ての場合は、外部から自宅に
ケーブルを引き、自宅の電話線や
テレビアンテナ線を通して

インターネットできるように
工事をしなければならないのです。

その上、専用の機器を設置して
設定もしなければなりません。

工事業者と工事の契約をしなければ
ならないので、工事の状況にもよりますが

2週間程度は待たされるケースは
少なくないのです。

しかも引越の多い時期だと、
待たされることも多いのです。

その工事に2万円ほどかかることも
マイナスと言えるでしょう。

※工事費用をキャンペーンで無料に
していることもありますので、
そういった特典を利用する方法もあります。

それに比べると、
無線のWiMAX2+であれば
全く工事は不要なのです。

Wi-Fiルーター機能が組み込まれている

インターネット回線を自宅に引く場合、
基本的に有線接続となります。

イーサーネットケーブルというケーブルで
機器とつなぐわけです。

ところがスマホやタブレットは
優先接続の機能を持っていません。

そこで、みなさんご存じの
Wi-Fi(ワイファイ)で
無線接続するのです。

ですので、自宅にインターネットを
引いた後、スマホやタブレットを
接続するためには、

Wi-Fiを使えるようにするために
Wi-Fiルーターを置かないと
いけないのです。

このためには、Wi-Fiルーター
買ってきて設置するのです。

Wi-Fiルーターはピンキリで
安いものなら3,000円ほどから
あります。

高性能なWi-Fiルーターでは
2万円を超えるものもあります。

どのような性能のルーターを選べば
良いのか、自分に合うルーターの
選定は悩ましく、設置も手間です。

Wi-Fiルーターを選んで
設置する代わりに

インターネット接続業者に頼んで、
月額500円ほどでWi-Fiルーターを
借りる方法もあります。

毎月500円ですから、
1年で6,000円かかります。

1年ほど借りるお金があれば、
そこそこのWi-Fiルーターは
買えてしまいますが、

Wi-Fiルーターの設定を
やり切る自信がない人は、
こういうサービスを利用しましょう。

このように自宅にネットを引いて
スマホで使えるようにするには

・工事が必要(時間がかかる)
・Wi-Fiの設置が必要

ということなのです。

それに比べると、WiMAX2+は
この2つとも必要がありません。

まず、無線で接続しますので、
工事が不要です。

置いて電源を入れるだけという
簡単さです。

そして、WiMAX2+のモバイル
ルーターは、

最初からWi-Fiルーターの
機能を持っているのです。

その点では、WiMAX2+は
自宅にインターネットを引くのに

工事もWi-Fiルーターも
不要で簡単なのです。

WiMAXなら外にも持ち出せる

自宅にインターネット回線を引けば
自宅の中でしか使えませんが、

WiMAX2+は小さな機器ですので、
いつでも外に持ち出すことができます。

家でパソコンやタブレットで利用し、
そのまま外に持ち出すことができます。

そういったモバイル環境で使いたい人には
WiMAX2+はとても重宝します。

料金は有線のネットより安い

自宅にインターネット回線を引くのに比べ
WiMAX2+は料金的にもメリットがあります。

自宅にインターネット回線を引けば、
光回線であれば5,000円以上かかります。

WiMAX2+も同じようなことができて、
料金的には3,000円台から使うことができます。

価格の面でもメリットはあるのです。

もちろん、ADSLなど安い回線を
自宅に引いて料金を下げる方法も
ありますが、

ADSLの12Mbpsなどは低速です。
同時に複数の機器で
使うと1台あたりの速度が遅いです。

動画を快適に見るには、
実測で4Mbpsほど必要と言われており、

12Mbpsでは実際問題4Mbpsの
速度は出ないことが多いと思われます。

そう考えると、100Mbps級以上を
求めることになり、月額料金は
5,000円を超えるほどになります。

WiMAX2+の欠点は利用可能なエリアの広さ

自宅にインターネットを引くのは
お金もかかり工事などの手間も
必要です。

それに対して、WiMAX2+は
工事不要で価格も安めと

いいことづくめかと思われますが、
当たり前ですが欠点もあります。

その唯一と言っても良い
WiMAX2+の欠点は、
サービスのエリアが狭いことです。

無線で接続するだけに、
電波が入らなければ使いようがありません。

大手の携帯電話の利用可能エリアに比べ
WiMAX2+はやや狭いのです。

基本的に、データ通信を使うのは
オフィスや自宅と考えられるので、

そういった場所を重点に基地局が
作られて提供エリアも広がっています。

利用前には、必ずWiMAX2+の
サービス提供マップを見て

自分が使いところで使えるかどうかを
調べておくことはたいへん重要です。

WiMAX2+は2週間は完全無料で
借りることができますので、
試してみることも大事です。

WiMAX2+が似合う人

エリアについては気をつけて
問題ないことを確認すれば、

WiMAX2+にすることで
次のようなメリットを得られます。

 工事不要で使い始めが簡単
 複数の機器を接続できるWi-Fi機能内蔵
 外にも持ち出せる
 料金にも自宅にインターネットを引くより安い

こんなWiMAXですから、
どんな人にいいかというと…

・引越が多い、または引越が決まっているので固定のネットは引きたくない
・出張で客先に行くのですぐにでもネットが必要になった
・家にいない時間が多いから、自宅にネットを引いてもムダ
・動画を見てスマホデータ通信量が高いので安くしたい
・タブレットやパソコンも持ち歩いてネットできるようにしたい
・帰省するけどネットがなくて不便
・子供がゲームで遊び過ぎるので速度制限になる
・複数台の端末で使いたい人

などなど、

短期間使いたい人
すぐに使いたい人
大容量を使いたい人
複数台の端末で使いたい人

こんな人がオススメなのです。

メルマガ登録のご案内
【無料】失敗しない格安スマホへの乗り換え方法
格安スマホに乗り換えようかと検討しているけれどもなかなか踏み出せないのでしたら、全27ページの無料の冊子で
  • 格安スマホって何?
  • どうやって乗り換えたらいいの?
という疑問を解消することができます。

損しない!格安スマホの買い方
ご登録いただくメールアドレスは、本サイトからのメールマガジンの配信のみに利用いたします。

特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法

【無料】失敗しない格安スマホへの乗り換え方法
格安スマホに乗り換えようかと検討しているけれどもなかなか踏み出せないのでしたら、全27ページの無料の冊子で
  • 格安スマホって何?
  • どうやって乗り換えたらいいの?
という疑問を解消することができます。

損しない!格安スマホの買い方
ご登録いただくメールアドレスは、本サイトからのメールマガジンの配信のみに利用いたします。