アマゾンプライムデー7/15〜7/16 無料で30日間お試し!
アマゾンプライムの記事

Androidからオーディオ出力する 無線では事前確認が重要

 

スマホの音を外部出力するには

 

スマホからオーディオに音を出力する方法については、オーディオケーブルでつなぐ方法と無線で飛ばす方法の2つがあります。

 

オーディオケーブルを使ったものはとてもわかりやすいのですが、音がチープだったりスマホをスピーカーとケーブルでつなげる場所に置かないといけないなどの欠点があります。

 

それに比べると、無線の場合は場所にとらわれないという便利さがあるものの、スピーカーや中継する機器が無線接続に対応していないといけないので、機器を買うなど出費が必要なことも多いです。

 

良かったら、次の記事を参考にしてください。

 

【これで決まり】スマホを高音質スピーカーで鳴らす方法4つ
スマホを高音質スピーカーで聴くために、最も安上がりに実現する方法はヘッドフォン端子とオーディオの外部入力端子を接続することです。欠点は、スマホとオーディオが近くにないといけないことです。これが、スマホを高音質スピーカーで聴く安上がりな方法です。
スマホにスピーカーを接続する おすすめの音楽サービス2つ
スマホにスピーカーを接続して音楽を聴くとき、音楽聴き放題サービスの1つであるスポティファイの無料聴き放題と、USEN放送による聴き放題が特徴的です。スマホにスピーカーを接続して音楽を聴くなら、月額1,000円ほどの聴き放題よりお得な音楽があります。

 

そして、iPhoneとAndroidではオーディオに対する対応が異なります。

 

iPhoneでは共通仕様でオーディオをどこに出力するか設定できるのに対して、Androidはアプリケーションで対応が違います。

 

このためAndroidでは使い勝手が悪いときもあるのです。

 

iPhoneはアプリによらず共通に出力できる

 

スマホでも、iPhoneとAndroidでは音をオーディオに出力するには使い勝手がずいぶん違います。

 

iPhoneでは、iOSがオーディオ出力に対応していますので、すべての音をオーディオに出力することができます。

 

「すべての音」というのがわかりにくいかもしれませんが、たとえばヘッドフォンを付けていると、音楽を聴こうとゲームをしようと、着信があろうと、すべての音はヘッドフォンから聞こえますね?

 

これらの音声がすべて無線で接続したスピーカーから出力できます。

 

※アプリによっては、iPhoneのスピーカーから出力するといった例外もあります。

 

これがiOSがオーディオ出力に対応しているという意味です。

 

iOSの場合は、Wi-Fiを経由した出力もブルートゥース経由の出力も、Air Playによってどちらにも対応しています。

 

Androidを無線出力する際の注意点

 

これに対してAndroidでは、ブルートゥースの出力には対応しているものの、Wi-Fiは専用のアプリを使うことによって実現します。

 

つまり、Androidでは音声を外部にWi-Fi出力する機能を持ったアプリでのみ、音声をワイアレスで飛ばすことができます。

 

そのアプリを使っているときじゃないと、オーディオに出力できないのですね。

 

この場合の欠点は、たとえば音楽を聴きたい場合にいつも使っている音楽プレーヤーアプリではなく、オーディオに出力する専用のアプリを使わないといけませんし、そのアプリが対応していない音は飛ばせません。

 

たとえば、グーグルやアマゾンで映画をレンタルした際に、その音をオーディオに出力したくてもできない可能性が高いです。

 

あるいは世界中のラジオが聴けるアプリやFMが聴けるアプリを使ったときにも、音を飛ばすことはできない可能性があります。

 

結局、Androidではヘッドフォン端子からケーブルをつなぐか、ブルートゥースを利用するのが、一番間違いなくオーディオに出力する方法と言えるでしょう。

 

Androidのバージョンに対する注意

 

もう一つAndroidで気をつけなければならないことは、Android自身のバージョンによってはブルートゥースやWi-Fiの出力に対応していない場合もあるということです。

 

古いスマホでは新しいタイプのブルートゥースに対応していないものもあります。

 

Androidでは、お持ちのスマホが対応しているかどうか、ブルートゥースをオーディオに出力するレシーバーのメーカーサイトで事前確認が欠かせません。

 

対応しているかどうかを確認しないといけないのはiPhoneやiPadも同じですが、アップルの場合は一部の古い機種をのぞいて、最新のOSにバージョンアップできますし、iOSが音声のワイアレス出力に対応しているので、ほぼ間違いなく利用することができます。

 

iOSではAirPlayに対応しているかどうかがチェックポイントです。

 

このような違いを理解した上で、スマホをオーディオにつないで高音質を楽しんでください。

 

【無料】損しない格安スマホの買い方
格安スマホに乗り換えようかと検討しているけれどもなかなか踏み出せないのでしたら、全27ページの無料の冊子で
  • 格安スマホって何?
  • どうやって乗り換えたらいいの?
という疑問を解消することができます。

損しない!格安スマホの買い方
ご登録いただくメールアドレスは、本サイトからのメールマガジンの配信のみに利用いたします。

特集記事
世界中で使える格安モバイルルーター、グローカルネット、今なら8,000円引き、5/6まで「 スマホで時短する 」一覧スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド「 アマゾン 」一覧朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがありますiPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法

Androidスマホを使う
〜コンシエ〜 スマホで時短する
タイトルとURLをコピーしました