スマホでテレビ録画を観る パケットを発生させずに観るコツ


■録画した番組を外で観る環境が整ってきた

録画した番組を自宅に帰らずに観たいと思ったことはありませんか?
自宅に帰り、テレビの前に座り、レコーダーの電源を入れて、
観たかった番組を観る…

自宅で観たかった番組を観ることは至福の時間に間違いありません。
そのために観たい番組を捜し、録画設定をしておくのですから…。
その気持ちはあるものの、時間がなくて観られないことも結構ありますよね?

スマホやタブレットが高性能化し、出先におけるネット環境も
整備されてきたため、自宅に帰らなくても録画した番組を観たり、
あるいは番組をオンデマンド再生することで観ることができるようになっています。

では、具体的に自宅のレコーダーに録画した番組を観るには
どうしたらよいのでしょうか?


■録画した番組をスマホやタブレットで観る2つの方法と録画しない方法

自宅のレコーダーに録画した番組をテレビの前に座ることなく観る方法は、
2つあります。

(1)録画した番組をスマホにコピー、またはSDカードでスマホで観る
(2)録画した番組をレコーダーで再生しインターネットを経由してスマホで観る

この2つはレコーダーに録画することを前提にしていますが、
録画そのものをやめてしまう方法もあります。

(3)録画をしないで、「オンデマンド」を使ってスマホで観る

という方法です。

録画をするのはなぜかというと、番組は基本的に1回しか放送しないので、
その1回切りの放送をその時間に観ることができないからですよね?

自宅で録画する代わりに、放送局がいつでも再生できるように
してくれたのが「オンデマンド」なのです。
観たいときにいつでも観られるから、録画が不要になります。

これら3つの方法はいずれも便利な方法ですが、それぞれ利点と欠点があります。
それを説明しましょう。


■録画した番組をスマホで観る方法の比較


(1)録画した番組をスマホにコピー、またはSDカードでスマホで観る

メリット
ネットの費用がかからない、自宅にネットがなくても構わない

デメリット
毎日SDにコピーする必要あり、SDカードで観る場合、取り忘れると観られません
iPhoneではSDカードを直接読めないので、別途アダプタが必要です。


(2)録画した番組をレコーダーで再生し、ネットを経由でスマホで観る

メリット
レコーダーの中身をそのまま観られるので、途中でやめても自宅に帰って続きが観られる

デメリット
ネットの費用がかかります。
レコーダーをインターネットに接続するセッティングが必要で、
すなわち自宅にネットが必要になります。

また、モバイルで番組を観るためには、モバイルのパケットが必要です。
しかも、必要なデータ量は少なくありません。


(3)録画をしないで、「オンデマンド」を使ってスマホで観る

メリット
録画が不要になります。レコーダーも不要なのでその点がお得です。

デメリット
オンデマンドを利用するには月額料金がかかります。
すべての番組がオンデマンドで見られるわけじゃないので、注意が必要です。
テレビ自体はオンデマンドに対応していないので、スマホで観た続きを
テレビで観るためには、早送りが必要です。

以上のような違いがあります。
(2)と(3)の方式は、番組をインターネット経由で観る方法ですので、
パケット(データ通信量)を多く消費します。

Wi-Fi環境かデータ通信量無制限の契約をしている人以外は、1ヶ月に観られる
映画の時間に制約がありますので、(1)方式を選ぶのが良いでしょう。

それぞれの方式のメリット・デメリットはわかりましたか?