パソコンとスマホでブックマークを同期 手打ちを不要にする技


■ ブックマークすることの大事さ

ウエブブラウザでよく見に行くウエブページはブックマークしている
でしょうか?ブックマークとは、ウエブページのアドレス帳のような
もので、気に入ったウエブページのアドレスを記憶しておくものです。

この機能を使うと、一度見つけて気に入ったウエブページを忘れずに
すみます。

「そんなことしなくても検索すればまたすぐに見つかるよ」
と思うかもしれませんが、検索による順位はどんどん変わるので、
たとえ同じキーワードでも同じページが見つかるとは言えないのです。

また、そのウエブページを見つけたキーワードは、次に捜すときも
思い出せれば良いですが、キーワードが思いつかないとそのページには
たどり着けません。

さらに、開いたページのリンクをたどっていった場合は、あとで捜すのが
困難になります。

そのため自分にとって大事なウエブページのアドレスをきちんと
管理しておくことはとても大事なことです。


■パソコンのブックマークをスマホに持っていく

パソコンのブラウザで多くのブックマークを持っている人は、
スマホやタブレットを使い始めて、使い慣れたブックマークが
なくて不便に感じることも多いでしょう。

パソコンのブックマークを再度スマホで一から作ろうとしたら、
とてもたいへんな作業になります。というのは、ブックマーク
されているアドレスは結構長くて複雑だからです。

ウエブサイトの代表アドレスであればシンプルですが、
実際はその中にある大量の記事の1つであることが多く、

その場合、そのアドレスは長い番号が付いていたり、
日付情報が入っていたりまちまちなのです。

それをパソコンの画面を見ながらスマホで打ち直す…なんて
非現実的ですね。そんなときに役立つのが、パソコンとスマホの
ブックマークの同期です。


■アップルSafariとグーグルChromeなら同期が簡単


○MacとiPhone/iPadでSafariブラウザを使っている場合

MacでSafariを使っていて、iPhoneやiPadでもSafariを使う場合、
アップルが提供するiCloudの同期機能を使います。
設定はいたって簡単です。

MacとiPhone/iPadの両方でiCloudをオンにして、
iCloudの設定中の対象アプリにあるSafariをオンにすれば、
あっという間にブックマークは同期されます。

以降、どれかの端末でブックマークを追加すれば、すぐに
他の端末にもブックマークが追加されます。

条件としては、端末が使っているiCloudのアカウントが
同じであることが必要です。


○グーグルChromeを使っている場合

グーグルChromeには、グーグルへのログインをすることで
ブックマークがサーバーに保存され、同じアカウントでログインした
Chromeのブックマークと同期されます。

Androidでは、Chromeは標準で使えるようにはなっていない端末も
あるかもしれませんが、Google Playでダウンロードして使えます。

パソコンでインターネットエクスプローラーを使っていて、
そこにブックマークがたくさんある人は、まずパソコンに
グーグルChromeをインストールしましょう。

最初の起動で、インターネットエクスプローラーのブックマークを
自動で取り込んでくれます。その後、Chromeの設定でグーグルに
ログインします。

こうすることで、以降スマホやタブレットのChromeでグーグルに
ログインすると、ブックマークが同期されます。

少し一手間かかりますが、これによって面倒なブックマークの
同期ができますので、ブックマークの一部を手で打ち込んだりする
よりもはるかに簡単にブックマークをスマホに取り込めるのです。