iPhoneが高いから買えない!? 代わりになるスマホ選び

iPhoneが高いから買えない!? 代わりになるスマホ選び

iPhoneは日本では絶対的な人気があります。
スマホにおけるiPhoneの国内シェアは5割を
超えています。

そのくらいの人気なのです。

iPhoneの人気の秘密は何でしょうか?
それは多くの人が持っているということによる
安心感だったり、

アップル製だというブランドだったりします。
その結果、買い換えも同じiPhoneで買い換える
人が多く、利用者が多いのです。

しかし、そのiPhoneを持とうと思っても、
iPhoneはかなり値段が高いです。

格安スマホとして使うためには、SIMフリーiPhoneを
アップルストアから購入する必要がありますが、
iPhone7のSIMフリー版は10万円ほどします。

欲しいけど高い、だからなかなか手が出ない
という人も結構いらっしゃると思います。

そんな人のために、iPhoneに負けないくらい便利な
指紋認証を備えたアンドロイド端末を紹介します。

何で「指紋認証があるからiPhoneの代わりになる?」
と疑問に思う人もいるでしょう。

iPhoneとアンドロイドを使ってみると、
細部まで含めた使い勝手はiPhoneの方がいいのですが、
特に便利だと思うのが「指紋認証」なのです。

iPhoneとアンドロイドは、アプリを使う限りは
似ていますが、基本的にまったく違うものです。

ですから、iPhoneが欲しい人はiPhoneが
手に入らなければ、意味がないのだと思いますが、

それでも、許容範囲と考えられるなら、
十分安いニセモノiPhoneとして使ってしまおう!
という考えなのです。

そんなアンドロイドスマホを紹介しましょう。

iPhoneが欲しい方、ゴメンナサイ。

指紋認証でロック解除できるととても便利

このサイトがおすすめする、iPhoneに似た感じの
アンドロイドスマホというと、

姿・形ではなく、一番おすすめしたいのが
繰り返しになりますが、指紋認証ができるタイプです。

指紋認証によってロック画面の解除ができますが、
これにより1日に何度も行われるロック解除を
簡単にしてくれます。

ロック解除ごとにパスコードを打っていると
人に見られやすいですし、友達などにわかってしまう
恐れが高いのです。

iPhoneは指紋認証でパスコードを打つ機会を
ほとんどなくしています。

それと同じようにスマホの背面に指を置くだけで
ロック画面を解除してくれるアンドロイドもあるのです。

ロック画面の解除だけでなく、指を置いて認証すると、
自動でバックライトもオンにする機能も併せ持っています。

ロック解除に関してはほぼiPhoneと同じと
言っていい操作性を実現しています。

その使い勝手を動画でご覧ください。
指を背面の指紋認証装置に置くだけで、

スマホの電源が入って、ロックも解除されているのが
わかるでしょうか。
(動画の端末はファーウエイのP9liteです)

iPhone7 Plusと同じフルハイビジョン液晶

iPhoneは美しい液晶、明るいバックライトで
非常に美しい画面を構成しています。

最近のアンドロイドも非常に高輝度のバックライトを
備えた美しい液晶のモデルが増えています。

その中でも、ファーウエイのnova liteは
フルハイビジョンの液晶を備えていて、

これはiPhone6/6s/7 Plusと
同じ解像度を持っているということです。

バックライトも高解像度で、とても美しい画面を
持っているのです。

画面の美しさや明るさは、写真を見るときや
映画を見るときにその威力が発揮されます。

軽快な動作を支える大容量3GBの動作メモリ

スマホの動作速度を決めるものは、CPUと呼ばれる
いわゆるスマホのエンジン部分です。

これにはオクタコアと呼ばれる、4つのコアからなる
高性能なCPUを使っています。

最近ではこのオクタコアを備える高性能スマホが
増えています。

その上、もっと大事なことは、動作メモリとして
3GBの大容量を備えているのです。

今でも1GBしか搭載していないスマホもありますし、
最近標準的になっているのが2GBの動作メモリです。

その中で、大盤振る舞いとも言える3GBのメモリを
搭載しています。

スマホの中には3つのGBという値が出てくるので、
それぞれ間違えないように解説しますね。

1. スマホの保存容量(ROMともいいます)
2. スマホの動作用メモリ(RAMともいいます)
3. データ通信量(携帯電話会社と契約する量です)

この3つです。
保存容量はだいたい、16GBが標準なので、
間違えることはないと思います。

データ通信量は、1GBや3GBという数値が
よく使われますので、動作メモリと混同するかも
しれません。

この動作メモリ3GBは、高性能になっている
スマホのアプリを安定的に動作させるには
とても大事な要素です。

自撮りが楽しいパーフェクトビューティモード

nova liteには、1,200万画素の高画質のカメラが
搭載されています。
セルフィー用カメラも800万画素です。

今やどのスマホのカメラも高画質です。
高画質というだけでは差別化はできません。

カメラで大事なことは、大事な一瞬を逃さず撮れるか
ということです。

その点でオートフォーカス速度0.3秒を謳っている点で
一つ評価できるでしょう。

またセルフィーでパーフェクトビューティモードで
美しく撮れるというのも魅力とも言えます。

セルフィー用カメラなのにパノラマが撮れるというのも
ユニークです。

パノラマといっても連続して撮るのではなく、
3枚の写真を撮ります。

正面を撮って、左で撮って、最後右に動かすと
自動でシャッターが切られます。

みんなで撮るときの楽しみな機能です。

バッテリの持ちがかなり優秀

バッテリは3,000mAhと容量の大きい方ですが、
これは使い方によって、どれだけ持つか
印象が変わるでしょう。

通常の使い方なら、丸一日どころか、
2日程度は問題ないと思います。

バッテリのことであまり気にする必要があるのは
何かと不便ですが、バッテリの持ちも良く充電も
速いです。

その点で、高速なCPU、高輝度のバックライトを
持っていますけれど、明るくしておいても
十分に一日は持ちます。

バッテリの持ちが悪いと、一番電気が必要な
バックライトの光量を下げる方法が一般的です。

ですが、それによって画面が暗く不鮮明な
印象になります。

だから、輝度を暗くしてせっかくの液晶の美しさを
味わえないということはなく、明るいままで
気持ちよく使うことができます。

アクセサリも豊富なので、選べるカバーが嬉しい

アンドロイドのスマホは、マイナーな機種になると
カバーすらも専用のものがないという事態が発生します。

専用のものがない場合は、汎用のものを利用することに
なりますが、大きさがぴったり合わないなど
不便を感じることも多いものです。

その点、ファーウエイのスマホは売れていますので、
発売当初から多くのカバーが存在します。

たとえば、アマゾンを見てもたくさんの種類が
存在しています。

この点では、非常に安心感があり、自分に合った
カバーを選ぶこともできるでしょう。

ちなみに、ファーウエイは今や世界第3位の
スマホメーカーです。

1位が韓国のサムスン、2位がアメリカのアップル、
3位が中国のファーウエイです。

これまでは台湾のスマホが売れていましたが、
最近のファーウエイは高性能なスマホを
低価格で提供する素晴らしいメーカーになりました。

最も安く、そして快適に使うならLINEモバイルがおすすめ

そんなファーウエイnoba liteを紹介してきました。
このスマホは、だいだい2万円くらいで売られていますが、
実際の性能は3万円の機種に迫ります。

そのくらいコストパフォーマンスが高い機種です。

そのコストパフォーマンスを生かすためにも、
どこの格安スマホで購入するかはとても大事です。

あまり多くのデータは使わないから安い方がいい、
それでいて十分なネットの速度を確保したい、
と格安スマホには欲張ってしまいますね。

それを今最も高いレベルで両立させていると
言っていいのが、LINEモバイルです。

LINEモバイルは2016年の夏に格安スマホに
参入した、本当に最近出たと言ってもよい
スマホのブランドです。

その分だけ、これまでの格安スマホよりも
プランや通信速度に優位性があるのです。

とにかく安くというのであれば、月額500円から
はじめられる、LINEフリープランが一番の
魅力です。

LINEフリープランは、データ通信量は1GBと
小さめですので、LINEをどれだけ使っても大丈夫です。

主にメッセージ誌からやりとりしない場合、
LINEで使うデータ量はたいしたことが
ないと思います。

そういう点で、LINEが使い放題といっても
すごくメリットがあるわけじゃないかもしれません。

ただ、動画を送ったり、LINEの無料電話をするときなど、
常にデータ量を使いますので、その分がまったく
データ通信量に加算されないのはメリットがあります。

特に、LINEの無料電話は音質も良く、遅れが少ないため
携帯電話自体の通話よりも快適に使えます。

携帯電話の電話では音がこもってしまうことが多く、
本当に本人か?なんて思うくらい声の質が変わる感じです。

LINEの無料通話はそういうこともなく、キレイな音声です。
無料通話といっても、電話の音声をデータに変換してお送るので、
データ量は消費します。

長時間の電話では、消費量は相当に大きいのです。
その分がLINEモバイルではカウントされませんので、
無料通話を利用する人にはメリットが大きいです。

もし1GBで足りない場合には、3GB/5GB/7GB/10GBと
容量を増やすことができます。

3GB/5GB/7GB/10GBでは、LINEをはじめ
Twitter、Facebook、Instagramを
どれだけ使ってもデータ消費がありません。

この分がLINEモバイルの利点と考えて良いです。
それを除くと、価格的には必ずしも優位という
わけではありません。

これらのSNSをよく使う人は、データ消費を
少なくできてお得です。

LINEモバイルは他の格安スマホよりも相対的に
回線速度が高速であることもメリットと言えます。

特集記事

特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法