プロジェクトXを見るなら、アマゾンプライムビデオがいい理由

今こそプロジェクトXを見る

ちょっと上から目線になったらごめんなさい(と先に言い訳をします)。

最近、企業の不祥事が多くありませんか?

品質的に満足していないものを出荷したり、検査資格が不十分な人が検査していたり。

あるいは新しいものが生まれないという閉塞状況が語られたり。

企業の中でそんな毎日に疲弊していたら、「プロジェクトX」を見ると良いかもしれません。

プロジェクトXは、2000年〜2005年にかけて放送され大人気を博したNHKのドキュメンタリー番組で、企業が苦労して難題に挑み解決した人々の物語なのです。

NHKの過去の番組はNHKオンデマンドで見られますが、プロジェクトXは対象作品にないのです。

それに対し、このプロジェクトXがアマゾンプライムビデオで見られるようになったのです。

一部でしかないのですが、それでも今振り返っていることができるので大喜びで見ています。

感じることは、「ひとつの事業に賭けて頑張る日本人の姿」です。

今の日本人に忘れているものを思い起こしてくれます。

あなたも感動に浸るとともに、ビジネスパーソンとして改めて仕事の意義を考えてみてはいかがでしょうか?

苦難への挑戦を取材した画期的番組

プロジェクトXは副題に「〜挑戦者たち〜」と付いています。

まさに不可能とも思えるプロジェクトに挑戦した人々の苦労をドキュメンタリーで描いています。

何よりプロジェクトXを魅力的にしたのは、今では当たり前になっていることの裏に実は不可能を可能にしようとする人々の壮絶なドラマがあったことを淡々と描いていることです。

徹底的な取材によるドラマ仕立ての演出や、中島みゆきさんの「地上の星」というテーマソング、エンディングの「ヘッドライト・テールライト」、そして田口トモロヲさんの朴訥とした語り口もプロジェクトXを魅力的にしてくれたのです。

そのどれもが新鮮でしたし、当時の関係者がスタジオに登場して、編集された映像を見ながら目に涙を浮かべて一言「苦労が報われて良かった」などと話す姿が感動を呼ぶのです。

プロジェクトで苦難に立ち向かうのは、多くが技術者です。

語りのうまくない技術者がようやく発する一言が心を打ったのです。

それを再び見ることができて、ビジネスパーソンとして自分の心も新たにできるというものです。

プライムビデオのプロジェクトXをのタイトル数

2018年11月時点でアマゾンプライムビデオで見られるプロジェクトXのタイトルは、全放送作品187本のうち29本です。

確かに全体の1/6にしか過ぎませんが、「シーズン1」と付いているので、その他の作品もシーズン2やシーズン3として見られるようになることを期待しつつ、まずはシーズン1を楽しみましょう。

対象の29作品は次の通りです。

アマゾンプライムビデオ:プロジェクトX〜シーズン1
(2018年11月25日時点)

タイトル概要初公開日
01. 100万座席への苦闘 ~みどりの窓口・世界初 鉄道システム~全国の「みどりの窓口」で座席を予約すると、3秒で発券します。鉄道大国・日本を支える座席予約システムです。昭和30年代の座席予約はすべて手作業のため、半日待たされる客も…。限界を感じた国鉄(現・JR)は100万座席の時代を予見し、日立とともに開発に取り組みます。二重発券やシステムダウンを克服し、座席予約のためのオンラインシステムという、情報化時代に先駆けた未開発の領域に挑んだ人々の物語です。2004年4月6日
02. 液晶 執念の対決 ~瀬戸際のリーダー・大勝負~携帯電話やパソコンなどの電子機器に不可欠な液晶ディスプレー。シャープの研究所で日の当たらない部署の技術者が、世界で初めて実用化に成功しました。管理部に回されていたリーダーが上司を説得し、アメリカの大手企業も断念した液晶の開発に挑みます。メンバーを鼓舞し、1万回を超える実験の末、液晶ディスプレーの実用化に成功。サラリーマン人生をかけ、開発に打ち込んだ瀬戸際のリーダーと技術者の執念の物語です。2001年4月17日
03. 回避せよ 東京湾炎上 ~初の海上交通システムに挑む~日本の海の玄関口・東京湾は、世界屈指の超過密海域です。ひとたび、大きな海難事故が起きると海上交通は閉鎖され、日本経済に大きな影響を及ぼします。そこで、東京湾の安全を確保するため、海上保安庁にプロジェクトが立ち上げられました。全ての大型船を航空機のように管制下に置くという、世界初の「海上交通システム」の構築です。島国日本の輸送の生命線「東京湾」を海難事故から守るために立ち上がった男たちの物語です。2005年9月6日
04. 絶体絶命 650人決死の脱出劇 ~土石流と闘った8時間~平成5年(1993)夏、鹿児島で100年に1度と言われる集中豪雨で未曽有の大水害が起き、50人近くの犠牲者が出た「8.6水害」。国道10号線とJR日豊本線が崖(がけ)崩れで寸断され、渋滞する車と列車の乗客650人が竜ヶ水駅前に取り残されました。土石流が襲う闇の中、自らも窮地に陥った警察官が、逃げ場を失った人々を決死で避難誘導します。「8時間の奇跡」と言われたこの脱出劇を再現映像を交えて伝えます。2001年9月18日
05. 突破せよ 最強特許網 新コピー機誕生強大なアメリカ経済を支える特許戦略。昭和45年(1970)、その特許戦略に挑み、突破した男たちがいます。新コピー機の開発に取り組んだキヤノンの技術者たちです。彼らの前に世界シェア100パーセントのゼロックスの特許が立ちはだかりますが、世界中の技術者があきらめる中、数百件の英文特許を読み解き、全く新しい複写技術を開発します。苦難を乗り越え、独自のコピー機を作り上げた男たちの物語です。2002年11月5日
06. 太陽に懸けろ ~住宅エネルギー革命~京都の小さな電気部品メーカー・京都セラミツク(現・京セラ)の社長・稲盛和夫は、「資源なき国・日本には太陽電池が不可欠」と考え、「太陽電池」の開発に取り組みます。優秀な技術者を集め、アメリカの新技術も導入しますが、人工衛星の技術を使う太陽電池は値段が高く、一般家庭に普及するほど下がりません。挑戦と失敗を繰り返しながらも、決してあきらめない技術者の30年の苦闘を描きます。2005年11月放送。2005年11月29日
07. 富士山レーダー 男たちは命をかけた ~巨大台風から日本を守れ~日本列島を台風から守るため、富士山頂に建設された巨大レーダーは、常識破りなプロジェクトの産物でした。標高3,700メートルという史上例のない高度での大規模な土木工事です。しかも乱気流が渦巻く世界有数の危険空域である富士山頂へ巨大レーダーを空輸しなくてはなりません。高山病をはじめ、多くの困難と闘いながら、世界最大の気象レーダー建設に情熱を傾けた官民一体のプロジェクトの壮大なドラマを描きます。2000年3月28日
08. 友の死を越えて ~青函トンネル・24年の大工事~青函トンネルは、24年に及ぶ歴史的難工事の末に完成しました。最初にパイロット抗である「先進導坑」を掘ったのは、トンネル工事のプロ職人で結成された「青函トンネル特別プロジェクト」でした。海底の地層は複雑で、掘削は困難を極め、死亡事故が続発します。大規模な出水にも見舞われました。昭和58年(1983)、仲間の死を乗り越え、世界最長の海底トンネルは開通しました。青函トンネルに人生を懸けた人々の物語です。2000年4月11日
09. ガンを探し出せ ~世界初・胃カメラ開発~人間の体内をのぞき、ガンを発見したい。昭和24年(1949)、東京大学附属病院の宇治達郎は、胃ガンの早期発見のため、欧米でも不可能とされていたわずか12ミリのカメラの開発をオリンパス光学に持ちかけました。開発成功の陰には、レンズを磨く名人や直径5ミリの電球を作った職人がいました。敗戦直後の日本で、斬新な発想で何にでも挑戦する町工場と力を合わせ、世界が驚嘆する胃カメラを完成させた男たちの物語です。2000年4月18日
10. 新幹線 執念の弾丸列車「新幹線」の建造の中心人物の一人である三木忠直は戦時中、爆撃機の設計をしていました。人の命を奪うための技術開発に心を痛め、戦後「人の役に立つものを作りたい」と鉄道技術研究所に入所しました。流線型の車体、振動を吸収する新型の台車・・・次々に新しい技術を開発し、昭和38年(1963)、新幹線は世界最高の時速256kmを記録しました。「新幹線」に第2の人生を賭けた技術者たちの姿を描きます。2002年6月18日
11. 海底ロマン!深海6500mへの挑戦 ~潜水調査船・世界記録までの25年~世界で唯一、6500mもの深海を人間の目で見ることの出来る潜水調査船「しんかい6500」。プロジェクトは、1964年(昭和39)、神戸の造船所で始まりました。地上の650倍もの気圧がかかる暗黒の世界。人が乗り込むキャビンの厚さが0.5mm狂っても、安全は保証できません。1989年(平成元)、ついに世界で一番深く潜ることに成功しました。未知なる極限の世界にかけた、技術者たちの挑戦を描きます。2000年5月23日
12. 黒四ダム ~断崖絶壁の難工事~のべ1千万人が働いた巨大プロジェクト「黒四ダム」。その難工事の最大の焦点は、断崖絶壁がそそり立つ秘境・黒部に60万トンにおよぶ資材をいかに運び上げるかでした。資材運送のためトンネルが計画されますが、間に合わない恐れがありました。そのため機材を400人で人力輸送を始めるいっぽう、標高2700メートルの立山の尾根をブルドーザーで越える挑戦をしました。黒四ダムの建設に挑んだ男たちのドラマを追います。2002年6月25日
13. 日本初のマイカー てんとう虫 町をゆく ~家族たちの自動車革命~昭和30年代、一軒家ほどした「自動車」をサラリーマンが買えるほどにし、「マイカー」という言葉を誕生させたのはスバル360でした。高級外車に負けない走りとサスペンションで、その風ぼうから「てんとう虫」と呼ばれました。そのスバル360を生み出したのは、富士重工業の技術者たちでした。立ちはだかる壁を前に、技術者たちを奮い立たせたのは、家族への思いでした。革新的な車作りに打ち込んだ男達と家族の物語です。2001年5月8日
14. 日米逆転!コンビニを作った素人たち1970年代、イトーヨーカ堂はスーパー業界17位でした。しかし、30代の若手社員がアメリカで新しいビジネスを見つけました。小さな店舗に豊富な日用雑貨を取りそろえて長時間営業するコンビニエンスストアです。新事業への賛同者は少なく、集まったのは元商社マンや自衛隊員など素人15人でした。全員ゼロからの出発でした。これは日本の流通機構に革命をもたらすコンビニをつくり上げた素人たちの挑戦の物語です。2000年10月31日
15. 魔法のラーメン 82億食の奇跡 ~カップめん・どん底からの逆転劇~「カップめん」は20世紀の食生活を劇的に変えました。年間消費量は世界で82億食と、日本の代表的な発明といえます。その開発には日清食品の若手技術者たちの社運をかけた熱き戦いがありました。中まで熱が通らないなど開発は困難を極め、試食を続けるメンバーの体重が落ちます。試作品は問屋から「食べ物ではない」と拒絶されました。逆境の中、食品加工技術の限界に挑んだ若者たちとアイデア社長の熱き闘いを描きます。2003年9月9日
16. 霞が関ビル 超高層への果てなき闘い ~地震列島 日本の革命技術~「霞ヶ関ビル」は、地上36階、高さ147メートルで、日本初の超高層ビルです。それまでは、建築基準法によりビルの高さは制限され、地震と台風の国・日本では、高いビルの建築は不可能とされていました。工事のリーダーは、鹿島建設の二階盛。「初めての試みには新たな発想が必要」と35歳以下の若い技術者によるプロジェクトで挑みました。ヒントにしたのは大震災に耐えた寛永寺の五重塔。1000日の熱いドラマを描きます。2001年5月15日
17. ナホトカ号重油流出 日本海30万人の闘い平成9年(1997)1月、突然、日本海沿岸を真っ黒な重油が覆いました。ロシア船籍のタンカー・ナホトカ号から流出した重油はドラム缶3万1千本分。被害は日本海側の9府県にも及ぶ大惨事でした。30万人にも及ぶボランティアが、バケツとひしゃくで重油をすくい続け、「向こう5年、よみがえらない」と言われた海を救います。「善意が奇跡を起こした」と世界中で報道されたこの快挙の裏にある、知られざる人間ドラマです。2003年12月2日
18. 男たちの復活戦 デジタルカメラに賭けるデジタルカメラはフィルムの現像が不要で、その場で見ることができ、インターネットで画像を送ることができる、当時では夢のような商品でした。このカメラを開発したのは、カシオ計算機の若き技術者。しかし、発売当初はまったく売れず、プロジェクトも解散になります。技術者たちは本社に秘密のプロジェクトチームを結成。やがてカメラの小型化を実現し、商品は大ヒットします。挑み続けた若き技術者たちの10年の物語です。2002年7月2日
19. 毛利飛行士 衝撃の危機脱出 ~技術者たちの総力戦~1992年(平成4年)9月、日本人初の宇宙飛行士・毛利衛さんを乗せたスペースシャトル・エンデバーの打ち上げが成功しました。毛利さんは、技術立国・日本の将来を担う34項目にも及ぶ実験を行うという重大な責務を負っていました。しかし、実験装置「ジャパンラック」が故障し、シャトルに炎上の危機が迫ります。宇宙で繰り広げられた毛利さんと地上の日本人技術者による知られざるドラマを描きます。2004年4月20日
20. 国産コンピューター ゼロからの大逆転 ~日本技術界 伝説のドラマ~昭和49年(1974)、一台のコンピューターが世界を驚かせました。世界最速の演算速度を実現し、巨大企業IBMの性能を凌駕(りょうが)した日本初の国産LSIコンピューター。NASAをはじめ世界有数の組織や企業に輸出されました。ゼロから開発に挑んだのはミスターコンピューターと呼ばれた富士通の池田敏雄。「挑戦者に無理という言葉はない」と語る池田を中心に、日本人技術者の壮絶な闘いを描きます。2002年4月9日
21. ロータリー47士の闘い ~夢のエンジン 廃虚からの誕生~“夢のエンジン”と言われたロータリーエンジンの量産を、世界で初めて成功させたマツダ。昭和37年(1962)、開発リーダーに指名された山本健一の元に集まった47人の部下は、いずれも広島出身でした。原爆で家族を失った男たちが、廃虚から出発した広島の復興を願って、夢のエンジンづくりに闘いを挑みます。折りしもマイカー時代の幕開けに、技術者たちがロータリーエンジンの開発に賭けた情熱と激動のドラマを描きます。2000年11月7日
22. 史上最大の脱出作戦 13時間のドラマ ~三原山大噴火・緊急チームの闘い~昭和61年(1986)11月21日16時半、伊豆大島の三原山が大噴火。火山岩や溶岩流の危険が迫る中、町役場では助役の指揮で緊急避難プロジェクトが動き出しました。船の手配、電気の確保、港まで島民を運ぶバス、年寄りをおぶって避難する若者たち…。そして翌日未明、最後の避難船が港を離れ、島民1万人が1人の犠牲もなく奇跡の島外脱出を果たしたのです。男たちが命がけで成し遂げた13時間の脱出ドラマを描きます。2000年5月30日
23. 腕と度胸のトラック便 ~翌日宅配・物流革命が始まった~昭和51年(1976)、「電話一本で翌日配達」をうたい文句に誕生した宅急便。戦後最大の物流革命と言われ、日本人の暮らしを一変させました。新サービスに社運を賭けて挑んだのは、当時、経営危機に悩んでいたヤマト運輸の二代目社長・小倉昌男です。最もリスクの高い北海道を任されたドライバー・加藤房雄は、全道に翻る営業所の「のぼり」を夢見て奔走します。宅急便を全国に普及させ、物流を劇的に変えた男たちを描きます。2001年5月29日
24. 列島踏破30万人 執念の住宅地図世界中で日本にしかない地図があります。それは一軒一軒の名が入った詳細図、「住宅地図」です。日本全国の99.9%をカバーしていて、緊急自動車の出動や災害時の安否確認などで力を発揮します。この住宅地図、始まりは敗戦間もない大分県別府の温泉案内図でした。「地図は世の中を便利にする」と全国すべての地図作りに乗り出しました。しかし、さまざまな困難が待ち受けていました。世界に誇る地図作りの壮絶な物語です。2004年10月12日
25. 瞬間凍結 時間よ止まれ日本の冷凍食品は数千種類にも及んでいます。初めて登場したのは終戦直後、食糧難の時代でした。栄養失調の子どもが多く、貴重な魚を腐らせまいと冷凍したのが始まりです。しかし当時の冷凍品はまずく、臭かったため嫌われていました。日本の台所を支えるには冷凍が不可欠だと、立ち上がったのは魚屋からたたき上げの男。瞬間冷凍への挑戦が始まります。これは、日本の食卓に冷凍革命を呼んだ人々の物語です。2004年10月19日
26. 鉄道分断 突貫作戦 奇跡の74日間 ~阪神・淡路大震災~1995年の阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受けた鉄道網。街の復興には1日も早い復旧が必要でした。JRとともに復旧に挑んだのは地元建設会社の技術者たち。工期短縮のため、落ちた高架橋をジャッキアップし再利用するという前代未聞の工法を考え出しますが、工事は難航を極めます。度重なる余震による2次災害の危機、真冬の深夜に及ぶ作業…。疲労が限界に達していた技術者を励まし、支えたのは被災した神戸市民でした。2005年1月11日
27. 焼け跡の家族工場 世界へ ~ハイテク印刷機に挑む~毎日、大量の印刷物が配られる全国の教育現場を陰で支える日本生まれの「自動孔版印刷機」。原理はかつてのガリ版と同じです。コピー機を凌(しの)ぐ印刷スピードとコストの安さが武器。昭和55年、このマシン開発に挑んだのは、戦後の焼け野原から無一文で印刷所を立ち上げ、以来、ガリ版一筋に生きてきた技術者でした。資金難に苦しむ中、アメリカから上陸したコピー機に打ち勝つため勝負に出ます。2005年4月19日
28. 名古屋城再建 金のシャチホコに託す空襲によって焼失した国宝「名古屋城」。金のシャチホコも溶け、残ったのは石垣だけでした。市民にとって城の再建は悲願でした。地元商店主たちが立ち上がり、街頭での募金活動、戦国武将のパレードなどで盛り上げました。昭和30年、名古屋市は城の再建を決定。建設は間(はざま)組が請け負います。しかし、問題が続出。石垣が建物の重さに耐えられませんでした。さらに、シャチホコに金をかぶせる職人がみつからず…。2005年6月14日
29. 旭山動物園 ペンギン翔(と)ぶ ~閉園からの復活~北海道・旭川にある日本最北の動物園「旭山動物園」。水槽を大胆に泳ぐアザラシにペンギン、北極グマなどが人気となり、その名を全国にとどろかせています。しかし1996年、旭山動物園は「廃園」間近の危機にありました。そのとき立ち上がったのは、飼育係10人を束ねていた獣医の小菅正夫。動物の素顔を見せる世界初の挑戦に打って出ます。飼育係たちの死闘、そして、廃園危機から復活への奇跡の物語です。2005年11月15日

プロジェクトXをアマゾンプライムビデオで見る

プロジェクトXは、アマゾンプライムビデオで見ることができます。

アマゾンプライムビデオをスマホやタブレットで見る場合には、「Amazon Prime Video」のアプリをダウンロードしてアマゾンのアカウントにログインします。

アマゾンプライムビデオは、アマゾンプライム会員の特典の1つです。

年額3900円(税込)もしくは月額400円(税込)で会員になることができます。

NHKオンデマンドの980円(税別)に比べると格段に安いのです。

アマゾンプライム会員の魅力は、こちらで解説しています。

アマゾン使いこなし

アマゾンプライムビデオをテレビで見たい場合には、いくつか方法はありますが「Fire TV スティック」を買うのがおすすめです。

スティック状のFire TVをHDMI端子に挿すことで、簡単にアマゾンプライムビデオを見ることができます。

Fire TVをネットにつなぐ

Fire TVは、テレビの電波を受信するのではなく、ネットにつながることによって映画のデータを受信しながら再生します。

その際、あまり自宅の無線LANが遅いと、表示されるデータが荒くなって、せっかくの高画質の映画が台無しになってしまいます。

ネットはある程度高速である必要があります。

できれば光回線を入れると良いですが、ADSLの12Mbpsなどでは実質的な通信速度は遅いですのでキレイに見られない可能性があるので心得ましょう。