家族のキャリアが違うと損? 同じでなくても得する方法

家族のキャリアが違うと損? 同じでなくても得する方法


■i家族内の通話が無料は昔の話し、今は誰とでも通話し放題

大手の携帯電話会社(キャリア)が昔やっていたサービスが、「家族通話無料」
といった家族で加入したときの割引サービスです。

以前は通話料金が高かったので、せめて家族間通話は無料にしたいと考え、
家族で同じキャリアに入った方がお得と感じているかもしれません。

でも今はその時代は終わりました。大手のキャリアはみな、
月額2,700円払って国内通話がし放題のサービスに移行しましたから、
家族間の通話どころか、誰にかけても追加の通話料金は不要なのです。

それ以外にも家族向けの割引はありますが、月額8,000円を超える料金に
対する割引サービスとしては貧弱で、家族で同じキャリアに入ろうという
気持ちになるものではありません。

では、同じキャリアに入ってもメリットが少ないなら、どうやってスマホ料金を
安くしたら良いのでしょうか?


■通話が少ないなら格安に移行するのが安くする一番の手段

大手の通話し放題では、通話料金だけで2,700円かかります。
通話の少ない人は、この料金に不満があるでしょう。
しかも、このサービスを外すことはできないのです。

このサービスが本当に役立つのは、通話が多い人です。
ざっくりいうなら、月に2時間程度以上の通話をする人でないと
通話し放題は有効ではないでしょう。

それより通話時間の短い人ならば、格安スマホや格安SIMに乗り換え、
話しただけ通話料金を払っても。十分に大手の料金より安くできます。

通話料を半額にするアプリもありますから、そうすれば通話料金も
半額にできます。これは、通話SIMの利用者なら誰でも使えます。

楽天モバイルのアプリやマイネオが提供しています。

家族間の通話が多い人は、通常の通話を使っても良いですし、
スマホを使っている家族どうしであれば、LINE電話やスカイプなど
無料の通話アプリで済ますことだってできます。

家族間の電話のために大手の高額な通話し放題のサービスを
使わなくても全く問題ないのです。


■家族で格安に乗り換えるとき、データシェアを使うとより金額を下げられる

家族のキャリアがひとつに統一されている場合はみんなで同じ格安スマホや
格安SIMに乗り換えれば良いのですが、そうでない場合は、同じ会社の
格安スマホや格安SIMを使うことができません。

同じ会社の格安スマホや格安SIMを使う一番のメリットは、データシェアが
できることです。データシェアができることで、データ通信を余り使わない人と
データ通信をよく使う人で上限まで効率よく使うことができるのです。

データ通信を効率的に使うことができるということは、データ通信量を安く
することができるということです。

格安スマホや格安SIMはデータ通信量が大手に比べてとても安いので、
データシェアを使うとさらに安上がりに使うことができるのです。


■Mineo(マイネオ)を利用するとドコモ回線とau回線でデータシェアできる

格安SIMの中では、Mineo(マイネオ)がとても魅力的です。
ドコモ回線とau回線のSIMを出していて、その両方の間でデータシェアが
できるのです。

たとえば家族の中で、ドコモのスマホととauのスマホを使う人がいたとして、
それぞれが今のスマホを使ったまま格安SIMに乗り換える場合は、
原則として同じキャリアの回線を使うことになります。

そして、別のキャリアの格安SIMを使うには、通常は同じ会社を選ぶことが
できないのですが、Mineoなら両方の格安SIMを用意しており、ドコモと
auの回線の違いがあってもデータシェアができるのです。

その点でMineoはかなり魅力的なのです。