ハイレゾをスマホに転送する 通常のファイルと同じで問題なし

150819


■ハイレゾオーディオのファイル形式は主に5種類ある

ハイレゾオーディオのファイルは、いくつかのウエブサイトより購入します。
購入する際は、パソコンまたはスマホで決済して購入することになります。
購入の結果、得られるものは「オーディオファイル」です。

このオーディオファイルをハイレゾ再生用のアプリやオーディオで
再生することで、聴くことができるようになります。

ただし、オーディオファイルには事な注意点があります。
それは、ハイレゾオーディオには複数のファイル形式があって、
そのファイル形式に対応しているアプリやオーディオが必要なことです。

現在のところ、5種類ほど存在します。
しかも、困ったことに業界標準の形式がまだ決まっておらず、
今後のどのファイル形式で標準化されるかもわからないことです。


■業界標準化はまだだが、これから買うなら[「DSD」対応機器がおすすめ

音質の面でいうならば、、ソニーとフィリップスがSACD用に開発した
「DSD」が有利とされています。
よりアナログレコードに近い音が再現できます。

ただ、その分だけオーディオファイルのサイズは大きくなりがちだと
いうことと、再生に対応している機器はまだ少ないというのが
欠点です。

ファイルサイズの問題は、スマホやSDカードの容量がどんどん
大容量化しているので大きな問題とはならないでしょう。

また、これからハイレゾのオーディオ機器を購入する日値は、
「DSD」形式にも対応していることを確認して買うのが
おすすめです。


■ハイレゾオーディオは個人利用向けにコピー可能

ハイレゾオーディオは、ネットからダウンロードして購入する方法が
一般的です。そのため、オーディオファイルのバックアップとして
コピーを取ることが可能です。

ハイレゾオーディオファイルを提供するサイトでも、
ダウンロードに失敗することや紛失に備えて、一定期間内は
何度かダウンロードすることが認められています。

しかし、その期間や回数はまちまちなので、自衛策として
バックアップを取ることが重要です。
これはあくまでも「個人的使用」に関して認められています。

もし、このダウンロードしたファイルを友達と共有したり、
ネットで不特定多数の人と共有すれば犯罪になりますので、
気をつけてください。


■ハイレゾオーディオの音楽ファイルをスマホで聴く

ハイレゾオーディオをスマホで聴く場合は、一番簡単な
方法はスマホのアプリを使うことです。
有名なところでは下記のアプリがあります。

 ○iOS Gate (Korg)
 ○Onkyo HF Player

あとはオーディオファイルをスマホにコピーすると再生できます。
ハイレゾオーディオのファイルは、パソコンやスマホで扱うことのできる
ファイルなので、取り扱いは難しくはありません。