4年縛りは解約すべき?端末の残債がなくなるまで待つのが得策

4年縛りは解約すべき?端末の残債がなくなるまで待つのが得策

auとソフトバンクが実施していた
4年縛りがようやく見直しされることになりました。

4年縛りとは、端末代金の支払いを4年払いにすることで
2年後に端末代金の残債の支払いを不要にし
実質半額で新機種に乗り換えられるというものです。

主にiPhoneなどの高額機種に
適用されていたのですが、

端末を新しくするときに
さらに4年契約をしないといけないため

永遠の縛りになるという
非常にひどい契約だったのです。

公正取引委員会からの指摘を受け
導入から1年経過のタイミングで
見直しとなったのは非常に良かったのです。

他の携帯電話会社に乗り換えられない

この制度は一体誰にメリットがあったのでしょうか?

2年で端末を乗り換えたいユーザーには、
端末が半額程度で手に入る
というメリットはあります。

反対に、あまり端末を乗り換えたくない人は
メリットを受けられないので、メリットのためには
新端末に乗り換えることになります。

デメリットは何かといえば、
同じ携帯電話会社をずっと使い続ける
ことになる、ということです。

同じ携帯電話会社を使うしかないことが問題

ひとつの携帯電話会社を長く使うことは
決して悪いことではありません。

ただ、この制度の良くないところは
「使い続けるしかない」という
制約になっていることが問題です。

つまり、自分でその携帯電話会社を
選んでいるのではなく、他社を
選べなくなっているのです。

これは正常な状態とは言えませんね。
公正取引委員会はこの点を問題視したのです。

今の契約者は解約すべき?

auの対策は、端末の支払いを4年払いにしても
2年経過後は同じ4年払いのプランにしなくても

新端末に乗り換えたら今の端末の
残債は払わなくてもよいという条件に
変更したということになります。

ただし、現在の契約者に対しては
まだ明確な対応策が出ていませんので
慌てて解約に踏み切る必要はないでしょう。

対策が明確になった上で判断すると良いでしょう。

縛りがない格安スマホを検討する

こういう事態をきっかけに改めて
皆さんに知っていただきたいのですが、

格安スマホではこのような縛りは
一切ありません。

最低利用期間といって、
契約から一定期間利用しないと
解約手数料がかかる制度はあります。

それでも、長くて半年から1年程度です。
しかも音声通話の契約をした場合に
限られるのです。

※UQモバイルやワイモバイルのように
2年契約が前提のものが例外的にあります。

データ通信だけの契約の場合は
そういった制約がないのが通例です。

ですので、縛りのない格安スマホに
乗り換えてしまうのはひとつの方策です。

格安スマホに乗り換えるタイミング

格安スマホに乗り換えるタイミングとしては
「端末の残債がなくなったとき」が
ベストだろうと考えています。

端末の残債がなくなった時って、
必ずしも契約解除料がかからない
タイミングとは同じではない人もいます。

ですから、端末の残債がなくなっても
契約解除料が発生するので、

格安スマホへの乗り換えに二の足を踏む人も
いることでしょう。

ですが、契約解除料は高くても1万円です。

この費用は、格安スマホに乗り換えたら
数ヶ月で元が取れてしまいます。

それに比べると端末の残債は
もっと金額が大きい場合がありますし、

契約を格安スマホに切り替えた後も
残債の支払い顔あるまで
毎月支払いが続くのです。

こういったことを考えると、
1階の支払いで完結し上限も明確な
契約解除料を払う補が心理的にも良いのです。

auやソフトバンクで
端末の残債を4年払いにしている人は

残念ながら4年の支払いが終わるまで
待った方が得策と思います。

契約を解除すると、毎月のサポートが
なくなり端末の残債は上がるのです。

格安スマホの料金と両方払うことを
考えると、今の契約のままでも良いのです。


特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法