Amazon fireタブレットが安い コスパ最高の理由

Amazon fireタブレットが安い コスパ最高の理由


■ Amazonのタブレットはハイコストパフォーマンス

Amazonがfireタブレットを8,980円(税込)で出しています。プライム会員だと4,000円引きで4,980円という、驚異的な価格です。

iPad miniが42,800円(税別)、他のアンドロイドタブレットでも実売価格で2万円程度必要ですが、その中で8,980円は驚異的な価格です。

このタブレットは買っても大丈夫でしょうか?私も気になりましたので、つい買ってみたのです。

Amazon fireタブレット

Amazon fireタブレット

結論を先に言えば、思っていた以上にしっかりした作りですし、動画などサクサクと再生されます。中国メーカーの1万円以下のモデルがありましたが、そういったものとは一線を画すようなしっかりした作りです。


■ Amazonのタブレットの液晶はとてもきれい

Amazonのfireタブレットは、1024 x 600という液晶の解像度です。1280 x 800という解像度が標準のAndroidタブレットに比べて、画像が粗いかと思いきや、全くそんなことはありません。

遜色がないどころか、7インチくらいのタブレットなら1024 x 600もあれば十分と思わせるような内容です。これは少々驚きでした。

最近のタブレットは、1280 x 800や1920 x 1050といったフルハイビジョンの解像度が主流になりつつある中、1024 x 600という解像度で勝負して遜色ないのです。

これは液晶のきれいさとも関わるかもしれませんが、非常に驚かされました。それに、画素数が少ないということは全体に描画にかかる時間も短縮され、サクサク動く印象になる効果もあります。

ある意味は、他のタブレットは過剰品質ではないかと思わされるほどです。7インチというコンパクトなサイズにおいては十分と言えるかもしれません。

実際の画面キャプチャをご覧ください。

Amazon fireタブレット


■ 動作性能は十分、課題はアプリの数

この価格ですから、動作速度は最高速とは言えませんが、実質的な使い勝手からいって全く問題ないのです。動画を見たいといった場合でも、何ら遜色はありません。

特にアマゾンのプライムビデオを見る場合は、再生される可能性直る映画を先にキャッシュするので、再生が速くなるというアマゾンの独自機能が働きます。

それに、映画を事前にダウンロードしておくこともできるのも魅力です。つまり、再生時はサクサク動くことになります。

唯一の弱点は、アプリの数と言えるでしょう。iPadやアンドロイドタブレットに比べて、アプリの数は少ないのは否めません。そこは、動画を見ることやキンドルで読書するなど、

いくつかの有名なアプリが使用できることをもってよしと割り切ることで、非常に低価格で良質な映画や読書タブレットになるのです。

上の写真のタブレットはカバー付きです。是非カバーは買っておいた方が立てて使えるので、映画を見るときに便利です。5色あるので選ぶのに迷います(笑)

このAmazon fireタブレットを買うなら、プライム会員になった方がお得に利用できます。

なぜって、プライム会員になるとタブレットが4,000円割引になります。プライム会員は年3,900円のサービスですので、タブレットを買うとプライム会員のサービス1年分が付いてくる計算です。

プライム会員になれば、映画見放題になる「アマゾンプライムビデオ」も利用できます。

そうすると…買ったタブレットで映画が見放題になるのです。上のキャプチャ画面で、タイトルの左上に「プライム」と書かれている映画はすべて追加料金なしで見れます。

だから、Amazon Fireタブレットを買うなら、プライム会員にならないと損した気分です。

プライム会員はいつでもやめる手続きができます。実際にはプライム会員になって1年の期限まではサービスが使えます。

ですので、心配な人は、プライム会員になってタブレットを4,000円引きで買ったら、プライム会員を退会手続きしても大丈夫です。

それでも1年間は会員のサービスは利用できます。