auブックパスの評判は?読み放題では一番のコスパが魅力

auブックパスの評判は?読み放題では一番のコスパが魅力

雑誌読み放題ではdマガジンと互角

auがサービスしている、雑誌・書籍・
マンガが読み放題になる、

「auブックパス」は

これまで雑誌読み放題でダントツだった
dマガジンより魅力的と言っていい
サービス内容です。

dマガジンの他にも世見放題サービスは
ありますが、それらと比べても現時点
ではNo.1と言えるでしょう。

雑誌や書籍の読み放題なら、

・ドコモ dマガジン
・楽天 楽天マガジン
・au ブックパス
・オプティム タブホ
・アマゾン キンドルアンリミテッド

とあります。
それぞれ読み放題の対象の雑誌や
書籍が違います。

まずは対象の読み物を見てみましょう。

雑誌や書籍の読み放題サービスの比較、dマガジン、楽天マガジン、タブホ、キンドルアンリミテッド、ブックパスを比較しました。

雑誌数に惑わされない

それぞれ、読める対象の雑誌数を自慢
しているのですが、

気をつけたいのは、雑誌数に引きずられ
過ぎないことです。

読み放題の対象雑誌数はとても大事
なのですが、重要なのは自分が読み
たい雑誌や本があるかどうかです。

ドコモのdマガジンは、読み放題の
サービスに最も早くから取り組んで
いますので、

本屋で必ず見かけるような主要な雑誌
の中で、dマガジンでしか読めない
ものがかなりあります。

そこに関してはdマガジンに軍配が
上がるのですが、トータルとして
自分の読みたいものがどれだけあるか?

ということがやはり大事になります。

特に、auのブックパスは雑誌も豊富
な上に、書籍も読めるメリットが
あります。

その辺を考慮して選べば、損しないで
お得に利用することができるでしょう。

2017年12月の段階で言えば、
よほどdマガジンにしかない雑誌が
読みたい場合を除き、

現状ではブックパスの方がコスパが
高い、と言えると思います。

auブックパスの魅力

ブックパスの最大の魅力は、
雑誌がdマガジンに負けず劣らずの
幅広さで読めること

そして、書籍も読めることです。

書籍の充実度について言うと、個人的
印象になりますが、

キンドルアンリミテッドよりも
充実していると言っていいと思います。

キンドルアンリミテッドは月額
980円のサービスです。

上の比較表に書いたように、キンドル
アンリミテッドは、読み放題の
対象雑誌は決して多くありません。

どちらかと言えば、書籍に重点がある
はずなのです。

そのキンドルアンリミテッドよりも
ブックパスの書籍は充実している印象です。

印象です、と言ういい方は歯切れが悪い
と思われるでしょうが、

どちらも同じ書籍を扱っているわけ
ではないので、絶対的な比較は難しい
のです。

人それぞれ読みたい書籍があるかで
品揃えの印象はガラリと変わると
思うのです。

例えば実用書に限ってみると、ブック
パスは、パソコンやタブレット関係の
書籍、工学書、恋愛系といった書籍が

かなり充実していて、読み応えが
あります。
初回30日間無料も魅力です。

これなら、読み放題という魅力が
すごくあるといえます。

ブックパスの使いにくいところ

このように、ブックパスは雑誌や書籍の
品揃えは他を圧倒するのですが、
やや残念に思うのが、使い勝手です。

それは、ブックパスがブラウザで
使うように作られているからです。

iPhoneならSafariで、
AndroidならChromeで、

ブラウザを使ってブックパスのサイトに
アクセスして購入・閲覧することに
なります。

iPhoneとiPadには本を読む
ための専用ビューアーアプリがありますが、

Androidではブラウザのみで利用します。

ブラウザを使うのが悪いわけではない
のですが、ブラウザだとどうしても
最初にアドレスを入力したり

ビューアーの機能が専用のアプリに比べ
操作性が落ちるという欠点があります。

ブックパスには、そういったブラウザ
ならではの使いにくさがあることは
否めません。

実際、iPhoneやiPadでは、
ビューアーアプリがあるのに、雑誌や
本を探す機能はブラウザを使うという

使い分けが必要なせいで、使い始めた
最初はどうやって本を探せるのかと
混乱したくらいです。

それに、最近では本を読む、映画を見る
ということをするには、まずアプリを
探すのが当たり前ですが、

Androidではグーグルプレイで
どんなに「ブックパス」を探しても
見つかりません。

アプリがないからしょうがないのですが、
サービスの使い始めるときにこれでは

使い方がわからずにユーザーは離れて
行ってしまいます。

本当に不親切だし、もったいないと
思います。

今の状態でも、ブックパスはコスパが
一番良い読み放題のサービスであると
いえますが、

ブックパス専用のアプリが開発されて
購入とビューアーの機能を備えたら、

ブックパスは、最強の読み放題
サービスになると思います。


特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法