イオンスマホの評判 安いだけから脱した魅力あるラインアップ


■最初の頃のイオンのスマホは「安かろう・悪かろう」だった

イオンのスマホへの取り組みは、格安スマホの初期に始まりました。
最初のスマホは月額や安いながらも、スマホの性能は当時でも
あり得ないくらい低く、通信速度も信じられないほど遅かったのです。

試験的とも言える3,000台をあっという間に売り切ったと
報道されたとき、私はこれで
「スマホって使えない」と思った人が3,000人生まれたと思いました。

そのくらい、「安かろう悪かろう」を地で行くような商品だったのです。
実際、その後のネットの評判は悪かったのです。

ほどなくして第2弾が発表されましたが、少々の改善は見られたものの、
まだまだ「買わない方がいい」部類でした。


■着実に改善し、徐々にいいラインアップになった

そして、第3弾、第4弾とバージョンアップを重ね、着実に品質を
上げてきました。第4弾の時に発売されたモバイルルーターは
とても魅力的でした。

モバイルルーター自体はNEC製のものでしたが、アマゾンなどで
売っている値段より若干安かったのです。
そして、2年間はデータ量が1GB無料で追加されるサービスが付きました。

加えて、イオンならではの特典として、イオンカードで支払うと
5%オフになる日があったり、最大半年間のデータ通信料金を
WAONポイントで得られるなど、

支払時やその後も得するようなキャンペーンとセットで購入すると
実質3割以上安く買えたのです。


■ニーズをつかんだユニークな製品もありバランスがいい

他にも、親子で使えるスマホのセットという、新しいパッケージも
提供されています。親子のセットを買うと、ばらばらに買うより
かなり割安で使えるのです。

イオンのスマホは、かつての安いだけの姿は一変し、お客様のニーズを
つかんだとてもいいラインアップになりました。

そんな中での第5弾のイオンのスマホが発売を開始したのです。
それは…


■いよいよ高性能スマホを取り扱うようになったイオン

今回イオンが売り出した目玉が「バイオフォン」です。
かつてはパソコンで一世を風靡したソニーの「バイオ」ですが、
今度はスマホに進出です。

ソニーは、エクスペリアというスマホも出していますが、
バイオはパソコン部隊が分社化されたことにより、
エクスペリアとは別に企画・製造されています。

ソニーブランドということでは変わりません。
さて、この「バイオフォン」ですが、かなり性能が高いです。

メモリは2GBと高速動作させるに十分な量を搭載しており、
画面は1,920×1,050というハイビジョンの解像度を持つ
液晶を使っています。

現在、スマホでこの性能を持ったものは多くありません。
税込み5万円を超える高いスマホですので、誰もが選ぶことは
できませんが、高性能なスマホを使いたいなら

「バイオフォン」は有力な選択肢になるでしょう。
イオンの他のモデルは、搭載メモリが1GBと標準的ですので、
これから2年あるいは3年使うにはちょっと力不足の印象です。

スマホ選びはいつも難しいですが、
メモリ2GBが搭載されていれば、問題ありません。

注意:ここで言う2GBは、スマホの契約に出てくる、データ通信量の
   2GBのことではありません。
   スマホ本体の性能の「メモリ」のことです。