チケットを売る 当日でも対応可能でいい値段で売る方法

チケットを売る 当日でも対応可能でいい値段で売る方法


■ 急にいけなくなったコンサートのチケットを売りたい

楽しみにしていたコンサートやテニスの試合など、直前になって急にいけなくなったことはありませんか?

あまりに直前だと、売るに売れません。会場の近くに行って金券ショップに売ったり、ダフ屋に買い取ってもらうこともあるかもしれませんが、離れた場所にいたり、そもそもそこまで行く時間もないと売るに売れません。

そうすると何千円もかけて手に入れていたのに、行けないどころかチケットの代金すら無駄になり、踏んだり蹴ったりの気分です。

一方で、チケットが欲しいけれども獲得できなかった人もいます。チケットさえあれば行きたいのに、と思う人も以外にいるのです。

そういう人に譲ることができれば、助けてあげることもできます。こうなれば、自分もただチケットを捨ててしまうことはなくなり、行きたい人にも喜ばれるのです。

昔なら、コンサートの直前に行けなくなると売る方法はなくあきらめざるを得ませんでした。今は、こういったことがスマホアプリの「チケットキャンプ」でできます。


■ チケットの売買はお金のやりとりが一番のネック

チケットの売買の仕組みは過去からありますが、スマホのアプリを使った場合何が便利かというと、

お金のやりとりを安全で確実にしてくれることです。

以前であれば、個人間でチケットの売買をしようと思ったら、チケットの代金をしっかりと回収できることが一番の問題でした。

売る側としてみれば、お金のとりっぱぐれが心配です。だから、先にお金を振り込んで代金が確認できたらチケットを渡したいと考えています。

一方、買う側としてみれば、お金だけ振り込んでチケットが手に入らない事態は避けたいです。

そういった両者の思惑がありますから、チケット先に出すのかお金を先に払うのかということがいつも大事だったわけです。

その点では、欲しい人は先にお金を払うしかないのですが、チケットが届くまではハラハラしたものです。

これを安心して取引できるようにしたのが「チケットキャンプ」なのです。


■ チケットキャンプは、お金のやりとりが安全

チケットキャンプでは、売る側は確実にお金を受け取ることができ、また買う人はチケットを確実に受け取れる仕組みを提供しています。

仕組みとしては、お金は先に振り込む、だけどチケットが買い手に届いて確認されるまで、お金は売り手に渡らないのです。

取引が成立しなければ、お金もチケットもそれぞれのところに戻るのです。

これにより、売り手は代金を取りっぱぐれることなく、買い手はお金だけ取られてチケットが手に入らないということがなくなります。

チケットキャンプは、電子チケットの取り扱いもしています。

この場合は、当日のやりとりもできますし、チケットで入場できるまで支払いが行われないというのですから、安心ですね。

この仕組みを使えば、業者に売りに行く手間もなく時間を短縮できるのです。

特集記事

特集記事
「 スマホで時短する 」一覧
スマホ老眼・スマホ近眼 克服メソッド
「 アマゾン 」一覧
朝晩、大事なときにネットが遅い!(泣) 24h高速なスマホがあります
iPhone(愛フォン)の毎月の費用を安くする3つの方法