スマホはシニアでも使える?  画面が大きいとさらに容易です

■シニアだってスマホを使ってみたい、チャレンジしたい!?

シニアだってスマホを使いたい!
そう思っている人は少なくないでしょう。
そう思いつつも、

使いこなせるかな
大丈夫かな

そう心配している人もいると思います。
ですが、スマホを使うことにとらわれる必要はないのです。
大事なことは、日々の生活を楽しくすることです。

スマホを使って楽しくなるのであれば、
使ってみれば良いでしょうし、

みんなが使っているから、何となくスマホにしなきゃ
と思っているくらいなら、
無理してスマホにしない選択肢もあるでしょう。

とはいっても、ここでは、もしシニアがスマホを使ってみたい人のために、
何を選べば良いかを紹介しましょう。

■「見えない」「見にくい」というストレスをなくす

スマホの画面は大型化しているとはいえ、
老眼の症状がある人には結構つらいと思います。
残念ながら老眼では「見にくい」状態になります。

どんなににらんでもスマホの文字が読めないときがあります。
これは本当につらいです。
近眼でめがねを外せば読める人はいいけれど、

目が良くて老眼の人は、どうやっても見えないです。
画面の文字の表示を大きくすることもできますが、
大きさには限度があります。

どうやってもスマホの文字が見えないことは起こりえます。
「見えない」「見にくい」状態ではとてもストレスになります。
本当につらいですね。

その点で、無理してスマホにしなくても良いと考えています。

「それじゃ、スマホを楽しめないじゃないか!」

そんな怒りや哀しみを感じるかもしれません。
でもご安心ください。
そんな人には、画面の大きい「タブレット」をおすすめします。

■「タブレット」なら老眼の目にやさしくストレスが少ない

タブレットは「画面の大きなスマホ」と言っても良いと思います。
画面が大きいといっても、ただスマホの画面を拡大したわけじゃ
ありません。

高精細にしつつ、画面を大きくしています。
その分文字が読みやすくなっています。

また、大きくなった分、画面に表示できる情報も多くなって、
一覧性が高くなって使いやすくなっています。
そのため、シニアにはやさしい設計となっています。

見やすいので使っていてストレスを感じにくいのです。
とはいえ、慣れないうちは使いこなせいないことに
ストレスを感じるかもしれません。

ただ。このストレスは時間とともに解消されるでしょう。
使い慣れることで、ストレスではなくなっていくと思います。

だから、シニアには画面の小さなスマホではなく、
画面の大きなタブレットをおすすめしたいです。
大きな画面でスマホと同じ世界に入ってみるのが良いと思います。