Macで音楽の音質にこだわる CDの取り込み設定が重要

Macで音楽の音質にこだわる CDの取り込み設定が重要


■Macで音楽CDを手軽に作るならiTunes

Macには音楽の取り込み・収集用の
ソフトとして、iTunesが搭載されて
います。

アップルは古くから、自社の製品に必要な
ソフトウエアを使いやすい製品にして、
無償で提供する戦略をとっています。

iTunesで音楽を、iPhotoで写真を、扱うことができます。
Macで音楽CDを作りたい場合はiTunesを使うのが簡単です。

iTunesであればiTunes Music Storeで購入した曲も、
iPhoneで購入した音楽も、CDから取り込んだ曲も
まとめて扱うことができます。

今どきはiPhoneで聴くからわざわざCDにしなくてもいいんじゃない?
と言いたいところでしょうが、CDにするメリットは、
手軽に高音質で聴くことができることでしょう。


■iPhoneよりオーディオの方が高音質

iPhoneで聴くより、CDにしてCDプレーヤーで聴いた方が高音質なのは
なぜでしょうか?

音楽データはデジタルデータですが、最終的には耳に聴こえる
アナログデータに変換しなければなりません。

その変換はiPhoneの小さな筐体に入っている機能よりも、
オーディオのCDプレーヤーの方が高音質だからです。

iPhoneのヘッドフォン端子からオーディオに出力するより、
面倒でも一旦CDにしてオーディオで聴いた方が高音質で
聴くことができます。

それだけでも違いがありますが、CDにする音楽データにも
気をつけた方が良いことがあります。


■パソコンで音楽を取り込むときは高音質なフォーマットを使う

iTunesでは取り込む音楽をどんな形式で保存するかを選ぶことができます。
AIFF形式は、CDと同じ形式ですので高音質です。
ただし、データ容量が大きくなるという欠点があります。

そのCDデータを圧縮して保存する方式では、音質を悪くせざるを
得ませんでした。それが前回のブログでも話しをした、MP3なのです。

現在は、MP3に変わる形式として、元の音楽データーの音質を損なうことなく
圧縮できるFLAC(iTunesではALAC)が主流となっています。

ですので、iTunesではALAC形式で取り込みしましょう。
この形式で保存しておけば、CDに音楽を書き込む際には元のAIFFに戻されて、
高音質でCDを作ることができるのです。


■CDを作らずにiPhoneで高音質で聴くなら、DACを利用する

CDの音楽を劣化させずに取り込み、再度CDにする方法を書きましたが、
じゃぁ、取り込んだ劣化のない音をiPhoneだけで高音質に
再生する方法はないのでしょうか?

その方法は、ALACフォーマットで取り込んだ音楽をiPhoneで
再生するのですが、そのときに外部にDACという小型の変換器を
付けることです。

こうすることで、iPhoneがアナログの音に変換するのではなく、
高性能なDACがデジタルの音からアナログに変換してくれます。

こうすることで、iPhoneからデジタル出力した音を
高音質で聴くことができるようになるのです。

この方法あらわざわざCDを作らなくても良いですし、
iPhoneに入っている音楽はすべて聴き放題ですね!